コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竿灯 かんとう

7件 の用語解説(竿灯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竿灯
かんとう

秋田県秋田市で 8月3~6日に行なわれる行事。長い竹竿に横竹を結び,46個のちょうちんをつるし,1人で持ち上げて曲芸風に操りながら街を練り歩く。病魔などの悪疫祓いの意味をもつ七夕のねぶり流し行事の一つで,本来は旧暦 7月6日に行なわれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐とう【×竿灯】

8月3~6日の夜、秋田市などで行われる七夕(たなばた)祭りの行事。また、それに用いる、たくさんの提灯(ちょうちん)をつけた竹ざお。肩・額・腰などにのせて練り歩き、その技を競い合う 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竿灯【かんとう】

秋田市その他で行われる七夕(たなばた)行事。秋田では8月3〜6日,長い竹竿(たけざお)に何段もの横木をつけて数十の提灯(ちょうちん)をつり,若者たちがこれを肩や額に載せて市中を練り歩く。
→関連項目秋田[県]秋田[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かんとう【竿灯】

秋田の日本酒。酒名は、東北三大祭りのひとつ「竿燈」にちなみ命名。「ひらり」は精米歩合40%で仕込む純米大吟醸酒。ほかに純米酒「秋田ねぶり流し」などがある。平成5、19~21年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は秋田酒こまち、秋の精など。仕込み水は太平山麓の湧水。蔵元の「秋田醸造」は大正8年(1919)創業。所在地は秋田市楢山登町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竿灯(かんとう)

秋田県、秋田醸造株式会社の製造する日本酒。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんとう【竿灯】

秋田県秋田市の七夕行事。1890年ごろ竿灯と称する以前は〈眠り流し〉と呼ばれ,夏に体のけがれや睡魔を水に流し払って活力を取りもどそうという習俗から生まれたものという。今日では観光行事化しており,8月5~7日の3日間行われる。十数mの竹ざおに9本の横竹を張り46または48個の高張提灯(たかはりちようちん)をつった重さ60kgほどの竿灯を手のひら,肩,腰で支えて立て,各町,グループの競演でにぎわう。文献的には津村正恭著《雪のふる道》(1788)が初見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竿灯
かんとう

毎年8月3~6日の4日間、秋田市で行われる七夕(たなばた)行事で、東北三大祭りの一つとして知られる。10メートル余もある太い竹竿(たけざお)に横に9本の竹を結び付け、46個の提灯(ちょうちん)をぶら下げた飾りに点灯して各町内の若者たちが練り歩く。子供用の小形の竿灯もあるが、大人は重さ50~60キログラムにもなるのを肩、額、腰などにのせて妙技を競う。各町内の紋をつけた竿灯が夜空に百数十本も勢ぞろいする。竿灯の飾りは祭の終わりに川へ流すという習慣を伝えたり、かつて眠り(ねぶり)流しとよばれたことから、青森のねぶた祭などと同様の起源をもつ七夕行事であったことがわかる。また竿灯の形は稲穂をかたどり五穀豊穣(ほうじょう)の祈りが込められているものともいう。1804年(文化1)の『秋田紀麗(きれい)』、1751年(宝暦1)の『秋田昔物語』や菅江真澄(すがえますみ)によるものなど江戸時代の記録がある。[神野善治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の竿灯の言及

【ねぶた】より

…しかし,東津軽郡三厩(みんまや)村でのように,草ネブタといって木の枝に灯籠を下げたものを子どもたちが毎晩各家々を担いで回り,7日には海へ流すという素朴なものも各地で行われている。都鄙を問わず飾物には中にろうそくなどを点灯させ,これが元来は盆を迎えるための灯籠であったことをうかがわせ,秋田の竿灯(かんとう)などと共通している。また,それを最後に海や川へ流すことも特徴である。…

※「竿灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竿灯の関連情報