コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はくちょう座(白鳥座) はくちょうざCygnus

翻訳|Cygnus

1件 の用語解説(はくちょう座(白鳥座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくちょうざ【はくちょう座(白鳥座) Cygnus】

略号はCyg。天の川に位置する北天の大星座。天の川にそってつづくα,γ,η,βの星列と,これと直角に交わるε,γ,δの星列とは大きな十字形を描き,翼を広げた白鳥の姿を描く。ギリシア神話スパルタテュンダレオスの妃レダのもとに通う主神ゼウスの化身の白鳥の姿にちなむ。南天の南十字Southern Crossに対して北十字Northern Crossと呼ぶこともある。α星デネブは光度1.3等,スペクトル型A2の超巨星,β星アルビレオは光度3.1等,角距離34.″6,青とオレンジの色の対比の美しい二重星である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

はくちょう座(白鳥座)の関連キーワードNML天体嶋村侑デネブ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone