コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はやとうり

1件 の用語解説(はやとうりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

はやとうり

鹿児島県で生産されるウリ。白色系と緑色系がある。実の形は洋ナシのように下膨れで、表面は凹凸があり、実の重さは500g~1kg程度である。果肉は緻密で、味わいトウガンに似て淡白。「隼人瓜」の表記もある。1917年、日置郡永吉村(現在の日置市)で、同町の矢神氏がアメリカから持参したウリを試作したのが栽培の始まりとされ、その後南九州に広く普及。漬物、煮物、炒め物などにして食する。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はやとうりの関連情報