コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はやとうり

1件 の用語解説(はやとうりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

はやとうり

鹿児島県で生産されるウリ。白色系と緑色系がある。実の形は洋ナシのように下膨れで、表面は凹凸があり、実の重さは500g~1kg程度である。果肉は緻密で、味わいトウガンに似て淡白。「隼人瓜」の表記もある。1917年、日置郡永吉村(現在の日置市)で、同町の矢神氏がアメリカから持参したウリを試作したのが栽培の始まりとされ、その後南九州に広く普及。漬物、煮物、炒め物などにして食する。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやとうりの関連キーワードあわみどり鹿児島白なす雷えんどうぎんうり黄金千貫さつま大長レイシ島うり徳佐瓜紅さつま紅塩谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はやとうりの関連情報