コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひゅう ヒュウ

デジタル大辞泉の解説

ひゅう

[副]
風が強く吹く音を表す語。「風がひゅうと吹き抜ける」
笛の音などを表す語。「口笛をひゅうと吹く」
物が風を切る音や、そのさまを表す語。「小石がひゅうと飛ぶ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゅう

( 副 )
(多く「と」を伴って)
風や息が吹き通る音、またそれに類似した音を表す語。 「風が-と吹きぬける」 「口笛を-と吹く」
風をきる音を表す語。 「弾丸が-と耳をかすめる」 → ひゅうひゅう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ひゅうの関連キーワードひゅうどろどろ藤原親家(1)ひゅうひゅうびゅうびゅうぴゅうぴゅう蒲江[町]川南[町]北浦[町]門川[町]野津[町]都農[町]南郷[町]日南[市]高鍋[町]ミヤコ蝶々蒲江〈町〉上椎葉ダム須磨源氏吾田小橋可翁妙悦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひゅうの関連情報