コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばたばた バタバタ

デジタル大辞泉の解説

ばた‐ばた

[副](スル)
物が続けざまに激しくぶつかる音や、そのさまを表す語。
㋐物が風に激しくあおられる音、鳥の大きい羽音などにいう。「強風でテントがばたばた(と)鳴る」「烏が羽をばたばたさせる」
㋑人が手足を激しく動かして立てる音にいう。「廊下をばたばた(と)走る」「駄々をこねて手足をばたばたさせる」
続けざまに落ちたり倒れたりするさま。「棚の上に積み上げていた本がばたばた(と)落ちる」「熱病で人がばたばた(と)死ぬ」
あわただしく物事をするさま。また、あわただしいさま。「残りの仕事をばたばた(と)片づける」「引っ越しで家中ばたばた(と)している」
[名]
オート三輪、また、オートバイのこと。
歌舞伎で、早足・駆け足を強調するツケの打ち方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばたばた

[1] ( 副 ) スル
物が風にあおられたり、続けて当たったりして立てる音を表す語。 「木戸が風で-する」 「立ててあった本が-(と)倒れる」
鳥が羽ばたく音や人が手足を忙しく動かして立てる音を表す語。 「廊下を-(と)走る」
何度も引き続いて起こるさま。事態が急速に進行するさま。 「話が-とまとまった」
忙しいさま。落ち着かないさま。 「お祭りの準備で-している」
[0] ( 名 ・形動 )
せわしなく落ちつかない・こと(さま)。 「時間がとれず、最後は-の対応だった」
[0] ( 名 )
オートバイ・オート三輪などの俗称。
歌舞伎で、駆け足・早足を強調するときの付つけの打ち方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ばたばたの関連キーワード焦る・焦躁るふためかすぴんしゃんぼてぼて茶陸上競技ふたふたばたくさフラップ田楽返しじたばたばたつくふためくヨット歌舞伎手足熱病早足焦る天命踠く

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばたばたの関連情報