コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばたばた バタバタ

2件 の用語解説(ばたばたの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばた‐ばた

[副](スル)
物が続けざまに激しくぶつかる音や、そのさまを表す語。
㋐物が風に激しくあおられる音、鳥の大きい羽音などにいう。「強風でテントがばたばた(と)鳴る」「烏が羽をばたばたさせる」
㋑人が手足を激しく動かして立てる音にいう。「廊下をばたばた(と)走る」「駄々をこねて手足をばたばたさせる」
続けざまに落ちたり倒れたりするさま。「棚の上に積み上げていた本がばたばた(と)落ちる」「熱病で人がばたばた(と)死ぬ」
あわただしく物事をするさま。また、あわただしいさま。「残りの仕事をばたばた(と)片づける」「引っ越しで家中ばたばた(と)している」
[名]
オート三輪、また、オートバイのこと。
歌舞伎で、早足・駆け足を強調するツケの打ち方。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばたばた

[1] ( 副 ) スル
物が風にあおられたり、続けて当たったりして立てる音を表す語。 「木戸が風で-する」 「立ててあった本が-(と)倒れる」
鳥が羽ばたく音や人が手足を忙しく動かして立てる音を表す語。 「廊下を-(と)走る」
何度も引き続いて起こるさま。事態が急速に進行するさま。 「話が-とまとまった」
忙しいさま。落ち着かないさま。 「お祭りの準備で-している」
[0] ( 名 ・形動 )
せわしなく落ちつかない・こと(さま)。 「時間がとれず、最後は-の対応だった」
[0] ( 名 )
オートバイ・オート三輪などの俗称。
歌舞伎で、駆け足・早足を強調するときの付つけの打ち方。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばたばたの関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠け見出づ真し一色町一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ばたばたの関連情報