そよそよ

精選版 日本国語大辞典の解説

そよ‐そよ

〘副〙 (副詞「そよ」を重ねた語。多く「と」を伴って用いる) 物がしずかに触れあってたてる、かすかな音を表わす語。さやさや。古くは、風に草木のそよぐ音、きぬずれの音、物の動くけはいなどにいい、現代では一般に、風がしずかに吹くさまを表わす。
※蜻蛉(974頃)中「かたぎしに、草のなかに、そよそよしらしたるもの、あやしきこゑするを」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「風にふかれて戦々(ソヨソヨ)と、招き皃(がほ)なる仇姿(あだすがた)

そよ‐そよ

〘感動〙 (感動詞「そよ」を重ねた語) それだ、それだ。特に和歌では葉のそよぐ音との掛詞として用いる。
※古今六帖(976‐987頃)六「五月まつ沼に生たる若菰(こも)のそよそよ我もいかでとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そよ‐そよ[感]

[感]《「そよ」を重ねた語》そうだ、そうだ。
「風ふけば楢(なら)のうら葉の―と言ひ合せつついづち散るらむ」〈詞花・冬〉
[補説]和歌では多く、風の「そよそよ」に掛けて用いる。

そよ‐そよ[副]

[副]
風が静かに心地よく吹くさま。また、風に吹かれて草木の葉などがかすかに音をたてて揺れ動くさま。「春風がそよそよ(と)吹く」「木の葉がそよそよ(と)揺れる」
広く、物の触れ合う音や物の動くときに発する音を表す語。がさがさ。
「谷の底のかたより、物の―と来る心地のすれば」〈宇治拾遺・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android