コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そよ ソヨ

デジタル大辞泉の解説

そよ[副]

[副]風がかすかに吹くさま。また、物が揺れてたてるかすかな音などを表す語。「風がそよとも吹かない」
「負ひ征箭(そや)の―と鳴るまで」〈・四三九八〉

そ‐よ[感]

[感]ふと思い出したときや、あいづちを打つときなどに用いる語。そうだ。そうそう。それそれ。→そよや
「御前にこそわりなくおぼさるらめと言へば、―、などかうはとて」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そよ

( 副 )
静かに風などの吹くさま。また、ゆれて物の触れ合うかすかな物音を表す語。 「風が-とも吹かない」 「負ひ征箭そやの-と鳴るまで/万葉集 4398
[句項目]

そよ

( 感 )
〔代名詞「そ」に助詞「よ」の付いた語〕
事に触れて思い出したり、あいづちを打ったりするときに発する語。それよ。 「 -。など、かうは/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

そよの関連キーワード佐賀県神埼市脊振町広滝草木にも心を置く早崎検校(1)余所余所しい佐々木 康万城目 正磯脇やそよ座が白ける他人付合いリンゴの唄倉田そよブリーズ深草検校天野 忠大弐三位出口なお並木路子そよそよおとないそよめき

そよの関連情報