そよ(読み)ソヨ

デジタル大辞泉の解説

そよ[副]

[副]風がかすかに吹くさま。また、物が揺れてたてるかすかな音などを表す語。「風がそよとも吹かない」
「負ひ征箭(そや)の―と鳴るまで」〈・四三九八〉

そ‐よ[感]

[感]ふと思い出したときや、あいづちを打つときなどに用いる語。そうだ。そうそう。それそれ。→そよや
「御前にこそわりなくおぼさるらめと言へば、―、などかうはとて」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そよ

( 副 )
静かに風などの吹くさま。また、ゆれて物の触れ合うかすかな物音を表す語。 「風が-とも吹かない」 「負ひ征箭そやの-と鳴るまで/万葉集 4398
[句項目] そよとの風

そよ

( 感 )
〔代名詞「そ」に助詞「よ」の付いた語〕
事に触れて思い出したり、あいづちを打ったりするときに発する語。それよ。 「 -。など、かうは/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そよ

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) しずかに風の吹く音、また、物が触れあってたてるかすかな音などを表わす語。
※万葉(8C後)一二・二八八五「さ夜更けて妹を思ひ出でしきたへの枕も衣世(ソヨ)に歎きつるかも」
※古本説話集(1130頃か)六八「やがて出づるに、後にそよと鳴りて、人の気色、足音す」
[2] 〘名〙 風のことをいう山ことば。〔随筆・北越雪譜(1836‐42)〕

そ‐よ

〘感動〙
① ふと思い出したり相づちをうったりするときにいう語。それそれ。それよ。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「そよ、それにつけてもの思はせ奉りけんを思ふに、いと苦しうなむ」
② 歌謡のはやしことば。
※風俗歌(9C前‐11C中か)小車「小車錦の 紐解かむ 宵入を忍ばせ夫 よやな 我忍ばせ子 我忍ばせ 曾与(ソヨ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そよの関連情報