コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そよ ソヨ

4件 の用語解説(そよの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そよ[副]

[副]風がかすかに吹くさま。また、物が揺れてたてるかすかな音などを表す語。「風がそよとも吹かない」
「負ひ征箭(そや)の―と鳴るまで」〈・四三九八〉

そ‐よ[感]

[感]ふと思い出したときや、あいづちを打つときなどに用いる語。そうだ。そうそう。それそれ。→そよや
「御前にこそわりなくおぼさるらめと言へば、―、などかうはとて」〈・夕顔〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そよ

( 副 )
静かに風などの吹くさま。また、ゆれて物の触れ合うかすかな物音を表す語。 「風が-とも吹かない」 「負ひ征箭そやの-と鳴るまで/万葉集 4398
[句項目]

そよ

( 感 )
〔代名詞「そ」に助詞「よ」の付いた語〕
事に触れて思い出したり、あいづちを打ったりするときに発する語。それよ。 「 -。など、かうは/源氏 夕顔

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

そよの関連情報