コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふっつり フッツリ

2件 の用語解説(ふっつりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふっつり

[副]
糸・ひもなどが断ち切れる音、また、そのさまを表す語。ぷっつり。「張った糸がふっつり(と)切れる」
続いていた物事が急にやむさま。ぱったり。ぷっつり。「ふっつり(と)顔を見せなくなる」
強くつねるさま。
「行きちがひさまに―とつめったれば」〈虎寛狂・枕物狂

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふっつり

( 副 )
糸などを切る音を表す語。ぷっつり。 「黒髪を-(と)切る」
それまで続いてきたことが急にやむさま。また、やめるさま。 「音信は-(と)途絶えた」 「好きだった酒を-(と)やめた」
(下に打ち消しの語を伴って)全然。決して。 「 -心残らねば尤も足も踏み込むまじ/浄瑠璃・天の網島
つねるさま。 「ふとももを-とつめつてござれば/狂言・縄綯 虎寛本

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふっつりの関連情報