コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふっつり フッツリ

デジタル大辞泉の解説

ふっつり

[副]
糸・ひもなどが断ち切れる音、また、そのさまを表す語。ぷっつり。「張った糸がふっつり(と)切れる」
続いていた物事が急にやむさま。ぱったり。ぷっつり。「ふっつり(と)顔を見せなくなる」
強くつねるさま。
「行きちがひさまに―とつめったれば」〈虎寛狂・枕物狂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふっつり

( 副 )
糸などを切る音を表す語。ぷっつり。 「黒髪を-(と)切る」
それまで続いてきたことが急にやむさま。また、やめるさま。 「音信は-(と)途絶えた」 「好きだった酒を-(と)やめた」
(下に打ち消しの語を伴って)全然。決して。 「 -心残らねば尤も足も踏み込むまじ/浄瑠璃・天の網島
つねるさま。 「ふとももを-とつめつてござれば/狂言・縄綯 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふっつりの関連キーワードふつふつぷっつり堪へ袋縄綯尤も網島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android