わっぱ騒動(読み)ワッパソウドウ

大辞林 第三版の解説

わっぱそうどう【わっぱ騒動】

1874年(明治7)、酒田県(現在の山形県庄内地方)に発生した大規模な農民一揆。わっぱ(弁当箱)で配分できるほど多額の過納租税があるとして、その返還を要求、78年農民側の主張を認める判決が下ったが、県令の圧政を終息させるには至らなかった。百姓一揆から自由民権運動への移行期の典型的闘争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わっぱ騒動
わっぱそうどう

1873年(明治6)末から78年にわたり、山形県庄内(しょうない)地方(当時酒田県)のほとんどの村々を巻き込んで起きた農民騒動。71年第二次酒田県が成立し、県官のすべてが旧庄内藩士族に占められた。翌年8月、政府は年貢米や雑税の石代納(こくだいのう)(金納)を全面的に許可したが、酒田県はこれを布達せず、農民に従来どおりの現物納を強制し、用達(ようたし)商人に換金させた。当時米価が高騰していたため多額の利益をあげ、県はそれを士族の授産事業である松ヶ岡開墾などに使ったという。73年末より農民は、石代納許可を願い出、さらに過納金返還、雑税廃止要求、役人の不正を追及し、県政に批判的な金井質直(ただなお)などの改良派士族や森藤右衛門(とうえもん)などの商人、地主が支援して独自の石代会社を設立し、金井県と称して酒田県と対抗しようとした。ところが74年9月、指導者100余人が捕縛され、その奪回を求めて農民は酒田襲撃を企てて蜂起(ほうき)した。数は万を超えたが、抜刀した開墾士族らによって鎮圧された。
 その後、明治政府は酒田県令に三島通庸(みちつね)を任命した。農民側もまた戦術をかえ、森藤右衛門を中心に政府・元老院への建白書提出を繰り返し、さらに過納金返還など14か条の訴えをもって裁判闘争を展開し、78年児島惟謙(いけん)による判決で、農民側は6万3652円の還付金を獲得した。わっぱとは曲物(まげもの)でつくった弁当のことで、要求が通れば一人わっぱ一杯分の銭が戻るとされたことから、この名がつけられたという。[堀 司朗]
『鶴岡市史編纂会編『ワッパ騒動史料』上下(『荘内史料集 17、18』1981・鶴岡市) ▽『ワッパ事件』(『服部之総著作集 第五巻』所収・1955・理論社) ▽佐藤誠朗著『ワッパ騒動と自由民権』(1981・校倉書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わっぱ‐そうどう ‥サウドウ【わっぱ騒動】

明治七年(一八七四)、酒田県(現在の山形県庄内地方)に起こった旧税法反対の農民運動。弁当入れのわっぱで配分できるほど過納租税があったと農民は主張。政府は県首脳部を更迭し、新県令三島通庸により弾圧を行なった。裁判にもちこまれ、農民に有利な判決が出たが、弾圧政策が続き、農民の成果は少なかった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android