コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わっぱ騒動 ワッパソウドウ

3件 の用語解説(わっぱ騒動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わっぱ‐そうどう〔‐サウドウ〕【わっぱ騒動】

明治7年(1874)酒田県(現在の山形県庄内地方)に起こった農民運動わっぱ(弁当箱)で配分できるほど過納租税があったとしてその返還を求める運動が起こり、それを認める判決も出たが、県令の圧政などで農民の成果は少なかった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わっぱそうどう【わっぱ騒動】

1874年(明治7)、酒田県(現在の山形県庄内地方)に発生した大規模な農民一揆。わっぱ(弁当箱)で配分できるほど多額の過納租税があるとして、その返還を要求、78年農民側の主張を認める判決が下ったが、県令の圧政を終息させるには至らなかった。百姓一揆から自由民権運動への移行期の典型的闘争。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わっぱ騒動
わっぱそうどう

1873年(明治6)末から78年にわたり、山形県庄内(しょうない)地方(当時酒田県)のほとんどの村々を巻き込んで起きた農民騒動。71年第二次酒田県が成立し、県官のすべてが旧庄内藩士族に占められた。翌年8月、政府は年貢米や雑税の石代納(こくだいのう)(金納)を全面的に許可したが、酒田県はこれを布達せず、農民に従来どおりの現物納を強制し、用達(ようたし)商人に換金させた。当時米価が高騰していたため多額の利益をあげ、県はそれを士族の授産事業である松ヶ岡開墾などに使ったという。73年末より農民は、石代納許可を願い出、さらに過納金返還、雑税廃止要求、役人の不正を追及し、県政に批判的な金井質直(ただなお)などの改良派士族や森藤右衛門(とうえもん)などの商人、地主が支援して独自の石代会社を設立し、金井県と称して酒田県と対抗しようとした。ところが74年9月、指導者100余人が捕縛され、その奪回を求めて農民は酒田襲撃を企てて蜂起(ほうき)した。数は万を超えたが、抜刀した開墾士族らによって鎮圧された。
 その後、明治政府は酒田県令に三島通庸(みちつね)を任命した。農民側もまた戦術をかえ、森藤右衛門を中心に政府・元老院への建白書提出を繰り返し、さらに過納金返還など14か条の訴えをもって裁判闘争を展開し、78年児島惟謙(いけん)による判決で、農民側は6万3652円の還付金を獲得した。わっぱとは曲物(まげもの)でつくった弁当のことで、要求が通れば一人わっぱ一杯分の銭が戻るとされたことから、この名がつけられたという。[堀 司朗]
『鶴岡市史編纂会編『ワッパ騒動史料』上下(『荘内史料集 17、18』1981・鶴岡市) ▽『ワッパ事件』(『服部之総著作集 第五巻』所収・1955・理論社) ▽佐藤誠朗著『ワッパ騒動と自由民権』(1981・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっぱ騒動の関連キーワード出羽国山形銀行羽後羽前酒田ワッパ一揆阿部蔵吉売間信男宝夏静山口半峰

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone