コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゼン アイゼン

5件 の用語解説(アイゼンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイゼン

《「シュタイクアイゼン」の略》登山用具の一。氷雪上を登降する際に靴底につける滑り止めの金具。鉄枠に鉄の爪(つめ)をつけたもの。鉄(かな)かんじきクランポン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アイゼン

ドイツ語のシュタイクアイゼンSteigeisenの略で,steig(登る)+Eisen(鉄)の意。登山靴の底にくくりつけて用いる鋼鉄製のスパイク。堅い雪や氷の上を歩くときピッケルと併用し,滑落を防ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼン

登山用具。正しくはシュタイクアイゼンSteigeisenまたはクランポンcrampon。堅雪や氷雪の急斜面を登降するときに,滑落防止のため靴底に結びつける鋼鉄のスパイク状のもの。19世紀にイギリスで考案され,ヨーロッパアルプスで用いられた。日本には1920年槙有恒がヨーロッパより持ち帰ったものが最初。つめは4~12本で,初めは炭素鋼の鍛造であったが,のち特殊鋼板の打抜きになり,つめ数も増えて10本,12本のけりづめつきが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼン
あいぜん
Eisenドイツ語

雪や氷の斜面を登降するとき滑落を防止するため登山靴の底に装着する用具。正しくはシュタイクアイゼンSteigeisenという。日本でも古く猟師や炭焼きの人々がカナカンジキと称する類似の用具を使用していた。ヨーロッパのアルプス地方で古くから使用され、日本には1921年(大正10)に輸入された。英語でクランポンcramponともよばれるが、略称のアイゼンが一般化した。構造は4~12本の金属製の爪(つめ)が氷雪の斜面に食い込むようにつくられ、近年はさらに爪の本数が増え、つまさきに蹴爪(けづめ)のついたものが多く、製法も鍛造から鋼板打抜きのものが多くなった。アイゼンの発達によって冬季登山の技術が急速に進歩したといってよい。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイゼンの関連情報