コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイトリア同盟 アイトリアどうめいAetolian League

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイトリア同盟
アイトリアどうめい
Aetolian League

前 367年頃西部ギリシアアイトリア地方に形成され,前 340年頃までにギリシアの一大勢力となった都市同盟。同盟市民権,同盟総会,比例代表制評議会など民主的な連邦組織を構成した。前 322年と前 314~311年マケドニアの侵入を撃退し,中部ギリシアに進出した。ローマとは初め協調したが,のちに離反したため,前 189年ローマに抑圧され重要性を失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイトリア同盟【アイトリアどうめい】

前4―前2世紀,ギリシア中部のアイトリア地方を中心に結成され,アカイア同盟とともにギリシア本土の二大同盟の一つ。前290年ころから中部ギリシアを支配する一大勢力となるが,前189年ローマの従属同盟国となり本来の意義を失う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイトリアどうめい【アイトリア同盟】

ヘレニズム期ギリシアに特徴的な都市同盟のひとつ。ギリシア本土中西部アイトリアAitōliaの主要都市と村落を中心に,前4世紀半ばころには成立していた。前290年ころデルフォイを占領して以来,中央ギリシア全体を支配する一大勢力となった。そして前3世紀後半までにはペロポネソス半島やエーゲ海諸島にまで影響力を及ぼすようになり,マケドニア王国アカイア同盟と対立した。しかし前189年ローマの従属同盟国となり,同盟はその存在意義を失った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイトリア同盟
あいとりあどうめい

古代ギリシアのアイトリアAitlia人の同盟。アイトリア人の居住したアイトリアは、コリント湾の北、中部ギリシア西側の山がちの地域。彼らの緩い部族連合的組織から、紀元前367年の少し前に、諸ポリス、部族国家の連合体としてのアイトリア同盟が成立した。同盟の長は毎年1人選ばれる将軍で、同盟総会、同盟評議会、代表評議員会などの会議があり、加盟ポリス、部族国家の成員は、各自が所属するポリス、部族国家の市民権と同盟の市民権を二重に所有した。前4世紀末に同盟の勢力はテルモピレーに及び、前3世紀初めにはデルフォイの支配権を得た。同世紀末にマケドニア王国に侵入されてから衰退が始まり、前192年それまでのローマとの同盟を捨ててシリア王国と結んだため、ローマの攻撃を受け、敗れて前189年ローマに従属する条約を結んだ。前146年以降ローマの属州に組み込まれて、その生命を終えた。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアイトリア同盟の言及

【スパルタ】より

…前338年マケドニアを盟主にコリントス(ヘラス)同盟が結成されたが,スパルタはこれに加盟せずに抵抗を続けた。
[ヘレニズム・ローマ期]
 ヘレニズム期のスパルタは,アカイア同盟にもアイトリア同盟にも属さず,孤立していた。前240年代からは社会改革が行われ,貴重な史料を残している。…

※「アイトリア同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイトリア同盟の関連キーワードヘラクレイア・トラキニアアラトス(政治家、将軍)都市同盟(古代)アテネ(ポリス)デメトリオス2世ケファリニア島フラミニヌスヘレニズム同盟市戦争ポリビオスラミア戦争フォキスナビス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android