コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイネイアス アイネイアス Aineias

4件 の用語解説(アイネイアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイネイアス
アイネイアス
Aineias

ラテン語名をアエネアス Aeneasという,ギリシア・ローマ神話の英雄。ウェルギリウス叙事詩アエネイス』の主人公トロイの王族の一人アンキセスが,イダ山中でアフロディテと交わってもうけた子で,ニンフたちによって育てられ,トロイ戦争ではヘクトルに次ぐトロイ方の勇将として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイネイアス(Aineiās)

ギリシャ‐ローマ神話トロイア方の英雄。女神アフロディテを母とする。ギリシャ軍に敗れてのち諸国を流浪、イタリアに渡ってローマ建国の礎を築いたという。ラテン語名アエネアス。→アエネイス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アイネイアス【Aineiās】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイネイアス
あいねいあす
Aineis

ギリシア神話におけるトロヤの英雄。ラテン名はアエネアスAeneasで、女神アフロディテとアンキセスの子。『イリアス』ではヘクトルと並ぶトロヤ軍最強の武将としてギリシア軍に恐れられた。敬虔(けいけん)な性格のゆえにつねに神の保護を受け、ディオメデスとの一騎打ちではアフロディテに、アキレウスとの戦いではアポロンに救われる。預言の神アポロンは、彼とその子孫が将来トロヤを支配するであろうと告げたが、ホメロス以後の伝承によると、トロヤ滅亡後、彼は一族とともにトラキアやマケドニアの沿岸を航行してシチリア島に渡り、やがてイタリアに到着してローマを建設したと伝えられる。この伝説は、早くから神々と国家への忠義を尊ぶローマ人に受け入れられ、のちにウェルギリウスは『アエネイス』を書いて伝説を集大成した。この作品では英雄が神の命令でトロヤを脱出し、地中海放浪の苦難とラティウムでの戦争の試練を経たのち、宿敵トゥルヌスを倒してローマの前身都市ラウィニウムを築くまでが語られている。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイネイアスの関連キーワードアエネイス俗ラテン語アエネアスエバ羅甸ディドとエネアスエアロジェネアス岩ライマセアスアスロジェネアス岩アエネーイス

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイネイアスの関連情報