コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタイン=ド・ハース効果(読み)アインシュタイン=ド・ハースこうか(英語表記)Einstein-de Haas effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アインシュタイン=ド・ハース効果
アインシュタイン=ド・ハースこうか
Einstein-de Haas effect

A.アインシュタインと W.J.ド・ハースが 1915年に発見した現象。強磁性体のある軸方向の磁化を ΔM だけ変化させると,その軸まわりに角運動量が ΔJ 変化する現象。 ΔM=(gμ0e/2m)ΔJ の関係がある。 me は電子の質量と電荷,μ0 は真空の透磁率g (g因子 ) はほぼ2に等しくなる。これは強磁性の原因が電子のスピンであることを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android