アウラングゼーブ(英語表記)Aurangzēb, Mohī al-Dīn Mohammed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウラングゼーブ
Aurangzēb, Mohī al-Dīn Mohammed

[生]1618.11.3. グジャラート,ドーバド
[没]1707.3.3. アーマドナガル
インド,ムガル帝国第6代の皇帝 (在位 1658~1707) 。父皇帝シャー・ジャハーンのもとにデカン地方の太守 (→スーバダール ) であったが,1657年父帝重病を契機に,兄ダーラー・シュコー,弟ムラードなどと帝位継承権を争い,1658年父帝をアーグラ城に幽閉しみずから帝位についた。アウラングゼーブの治世前半は曾祖父アクバル大帝以来3代にわたるムガル帝国の安定と繁栄が続いたが,後半には諸地方における反乱,ムガル帝室内の混乱などムガル帝国衰退の兆しが色濃く現れた。アクバル以来のムガル帝国の盟友であったラージプート諸王朝や,パンジャブ地方に強大な勢力を築きつつあったシク教徒などとの争いは治世前半から続いていたが,特に 1681年から晩年まではデカン地方征服に全力を傾け,デカン・ムスリム王朝のアーディル・シャーヒー朝 (→ビジャープル王国 ) ,クトゥブ・シャーヒー朝 (→ゴルコンダ王国 ) などを滅ぼし,ムガル帝国最大の版図を実現した。しかし,晩年には英雄シバージーの指導のもとデカン地方を中心に勃興してきたマラータ勢力との長年にわたる激しい戦闘の結果,帝都デリーは放置され,ムガル帝国の統制力は北インドにほとんど及ばなくなり,皇帝の権威はまったく失われた。アウラングゼーブはまた,厳格なスンニー派イスラム教徒で,シーア派イスラム教徒に対する迫害,アクバルによって廃止されたヒンドゥー教徒に対するジズヤ (非イスラム教徒に課する人頭税) の復活など,厳格な政策によって宗教対立の原因をつくった。最後はマラータ勢力との戦争に疲弊しつくし,デカン高原北部のアーマドナガルで失意のうちに死んだ。死後,ムガル帝国は急速に衰退していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アウラングゼーブ(Muḥyī al-Dīn Muḥammad Aurangzīb)

[1618~1707]インドのムガル帝国第6代皇帝。在位1658~1707。帝国の領土を最大にしたが、厳格なスンニー派イスラム教徒として他教徒を弾圧したため反乱を招き、財政を破綻(はたん)させ、帝国を衰退させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アウラングゼーブ【Aurangzeb】

1618‐1707
ムガル帝国第6代皇帝。在位1658‐1707年。第5代皇帝シャー・ジャハーンの晩年,その4皇子ダーラー・シコー,スルタン・シュジャー,アウラングゼーブ,モラード・バクシュの間で皇位継承戦争が起こり,アウラングゼーブはすぐれた軍事指揮と巧みな政治力で他の兄弟を圧倒して,1658年皇帝に即位した。この内戦では,ヒンドゥー,ムスリムを問わず多くの部将,高官を味方につけたことが,彼の勝因の一つであった。とくに,ペルシア出身でデカンのゴールコンダ王国に仕えていたミール・ジュムラMīr Jumlahは,初期において宰相として彼の支配を確立する上で大いに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アウラングゼーブ【Aurangzēb】

1618~1707) ムガル帝国第六代皇帝(在位1658~1707)。帝国最大の版図を築いたが、厳格なスンニー派で、ジズヤ(人頭税)を復活、ヒンズー諸侯の反抗を招き、帝国を崩壊に導いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアウラングゼーブの言及

【ムガル細密画】より

…表現は繊細さを増したが,活力を失い類型的なものが多くなった。アウラングゼーブ帝(在位1658‐1707)は絵画を嫌い画家を宮廷から追放したため,ムガル絵画は急激に衰えてしまった。イスラム美術[絵画]【肥塚 隆】。…

※「アウラングゼーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android