コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオシギ アオシギ Gallinago solitaria; solitary snipe

2件 の用語解説(アオシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオシギ
アオシギ
Gallinago solitaria; solitary snipe

チドリ目シギ科。全長 30cm。オオジシギタシギチュウジシギなどとよく似ており,嘴が長く,全体に褐色部分の多い地味な羽色のシギ。上面は複雑な斑紋のあるオリーブ褐色で,背に白色縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオシギ
あおしぎ / 青鷸
solitary snipe
[学]Gallinago solitaria

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。バイカル湖の南部地域、モンゴルアルタイ、中国北西部などで繁殖し、冬は南へ移動する。日本には冬鳥として渡来するが数は多くない。全長約30センチメートル、翼長約14.5センチメートル。体の上面は黒褐色で白い縦の線と細かい波形の斑紋(はんもん)があり、顔は青褐色で黒褐色の過眼線と頬線(きょうせん)がある。体の下面は白くて褐色の横斑がある。嘴(くちばし)はまっすぐで長い。低い山や山麓(さんろく)の渓流に単独でいることが多い。ゲッと鳴いて直線的に流れに沿って飛ぶ。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオシギの関連キーワードオオジシギ大地鷸草鷸白千鳥背高鷸地鷸玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)ジシギ(地鴫)