コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオシギ Gallinago solitaria; solitary snipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオシギ
Gallinago solitaria; solitary snipe

チドリ目シギ科。全長 29~31cm。オオジシギタシギチュウジシギなどとよく似ている。が長く,頭部は頭央線,眉斑,頬線がくすんだ白色,その間の頭側,過眼線,頬線が褐色で,全体としては白と褐色の縞模様になっている。頸から背面はオリーブ褐色で黒色の細かい縞模様が複雑に入り,背には白い線が 2本ある。腹面は白く,脇に褐色の波縞模様があり,胸には黄褐色地に黒色の細かいまだら模様がある。中央アジアから中国西・北東部,ロシア南東端,サハリン島カムチャツカ半島に不連続に繁殖分布する。ほとんどは留鳥だが,オホーツク海の北部では夏鳥(→渡り鳥)である。越冬地はモンゴルとその周辺,朝鮮半島,日本,ヒマラヤ地方,ミャンマー,中国南部で不連続に分布する。山間部や谷間の湿原,水田などに生息し,乾いた場所の草陰などに枯れ草を敷いて巣をつくる。日本には冬鳥としてごく少数が渡来し,山地の谷川や沼沢地に単独でいることが多い。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオシギ
あおしぎ / 青鷸
solitary snipe
[学]Gallinago solitaria

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。バイカル湖の南部地域、モンゴル、アルタイ、中国北西部などで繁殖し、冬は南へ移動する。日本には冬鳥として渡来するが数は多くない。全長約30センチメートル、翼長約14.5センチメートル。体の上面は黒褐色で白い縦の線と細かい波形の斑紋(はんもん)があり、顔は青褐色で黒褐色の過眼線と頬線(きょうせん)がある。体の下面は白くて褐色の横斑がある。嘴(くちばし)はまっすぐで長い。低い山や山麓(さんろく)の渓流に単独でいることが多い。ゲッと鳴いて直線的に流れに沿って飛ぶ。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アオシギの関連キーワード高野伸二ジシギ