コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオハダ あおはだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオハダ
あおはだ / 青膚
[学]Ilex macropoda Miq.

モチノキ科の落葉高木。山地に普通に生え、高さ10メートルに達する。灰白色の外皮は薄く、爪(つめ)で容易にはがれ、緑色の内皮が現れるのでこの名がある。葉は質が薄く、裏面に光沢があり、卵形で長さ4~7センチメートル、花とともに短枝につくことが多い。花は5~6月に開き、緑白色。核果は楕円(だえん)状球形で赤く熟す。マルバウメモドキともいう。材は加工が容易で狂いが少なく、玩具(がんぐ)、こけし、寄木細工に賞用される。樹皮からトリモチをとる。葉は三重県熊野地方では弘法(こうぼう)茶とよんで茶の代用とし、高知県では若葉を食べるという。北海道から九州、朝鮮半島、中国に分布。北アメリカ東部には近縁のI. montana Torrey et Grayが生育するが、アオハダと同一種とする説もある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオハダの言及

【ウメモドキ】より

…葉や実の特に小さいものを,コショウバイ(胡椒梅)という。本州・四国・九州の温帯には,数cmの長い柄で赤い石果が垂れるフウリンウメモドキI.geniculata Maxim.が分布し,北海道十勝から大隅半島までと朝鮮半島南部および中国中部の温帯,暖帯には落葉高木アオハダI.macropoda Miq.が分布する。アオハダの木の枝や幹の樹皮を爪で搔くと,簡単に内側の緑色の層が現れる。…

※「アオハダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アオハダの関連キーワードハグロトンボ(羽黒蜻蛉)ハグロトンボモチノキ科寄木細工丸葉梅擬甲州橅豆腐木杓子木団子茨サクラ犬欅青畑

アオハダの関連情報