コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカモズ アカモズ Lanius cristatus; brown shrike

2件 の用語解説(アカモズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカモズ
アカモズ
Lanius cristatus; brown shrike

スズメ目モズ科。全長 20cm。頭上,後頸,背面,尾は赤褐色で,腹部は白く,脇腹はやや褐色みを帯びる。額は白く,白色の眉斑がある。雄にはよく目立つ黒い過眼線があるが,雌の眉斑は黒褐色で目立たない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカモズ
あかもず / 赤鵙
brown shrike
[学]Lanius cristatus

鳥綱スズメ目モズ科の鳥。全長20センチメートル。頭上から背、翼、尾など上面は赤みのある褐色で、下面は白っぽい。過眼線が黒色で、額は白色をしている。雌雄同色。アジア大陸東部に広く繁殖し、冬季はインド東南アジアフィリピンインドネシアなどにも渡る。4亜種が知られている。日本では中部地方以北に夏鳥として渡来する亜種アカモズのほか、近年西日本で繁殖する亜種シマアカモズも出てきた。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカモズの言及

【モズ(百舌∥鵙)】より

…日本では九州以北の各地で繁殖する。 アカモズL.cristatus(英名brown shrike)は全長約20cm,モズによく似ているが,尾が短く,上面は赤褐色で,下面が白い。林縁,疎林,やぶのある草原にすみ,平地よりも山地や高原に多い。…

※「アカモズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカモズの関連キーワードオオハシモズ紅雀赤鵙百舌すずめやモズ(百舌∥鵙)モズヒタキモズモドキ(鵙擬)ヤブモズ(藪百舌)スズメ目

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカモズの関連情報