コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコースティック・エミッション acoustic emission

世界大百科事典 第2版の解説

アコースティック・エミッション【acoustic emission】

固体が塑性変形や破壊する際に,固体内にひずみの形で蓄えられていたエネルギーが弾性波(音波)の形で放出される現象。しばしばAEと略称される。金属,セラミックス,岩石など固体材料および構造物の非破壊検査法,これらの塑性変形や破壊現象の研究手段として利用される。可聴音の例としては金属スズを曲げたときに発生するスズ鳴りtin cryが有名であるが,一般には超音波であって,固体試料にAE変換子を付けて電気的に検出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アコースティック・エミッションの関連キーワード非破壊検査法カイザー効果

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android