コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシエント Asiento

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシエント
Asiento

「契約」「請負約束」を意味するスペイン語であるが,歴史的には,スペイン領アメリカに黒人奴隷を供給する「特権」をさす。 16世紀中頃からスペインはアメリカ植民地経営のためにアフリカから黒人奴隷を輸入し,この奴隷供給の特権を個人に認めてきた。しかし,ユトレヒト条約によって,アシエントは正式にイギリスに与えられた (1713~50) 。これによってイギリスの南海会社が 30年間,毎年 4800人の黒人奴隷をスペイン領植民地へ供給する権利を承認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アシエント【asiento】

スペイン語で〈契約〉の意。歴史用語としては,16世紀から18世紀半ばにかけてスペイン政府が特定の個人ないし外国政府と交わした,スペイン領新世界植民地への黒人奴隷供給契約のこと。スペイン領植民地は深刻な労働不足状態にあったから,この契約に基づく奴隷供給とそれに伴う商品貿易は莫大な利潤があがると信じられ,この契約をめぐる争いが重商主義戦争の重要な原因となった。はじめは個人としてのスペイン人やポルトガル政府,1701年からはフランス政府がこの契約権を握っていたが,13年ユトレヒト条約締結に際してイギリスがこれを奪った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシエント
あしえんと
AsientoAssiento

広義では、奴隷、タバコ、麦などのスペイン領アメリカへの供給、徴税業務、鉱山・真珠の開発などに関し、スペイン王権が民間人との間に結んだ独占的請負契約のこと。狭義では、1595年に従来の許可制にかわってスペイン王権が奴隷貿易に導入した独占的請負制。同年ペドロ・ゴメスに初のアシエントが与えられて以来、1640年まではポルトガル商人に、17世紀後半からはイタリア、オランダの商人に、1701年にはフランス王立ギネア会社へ、1713年にはユトレヒト条約によってイギリス南海会社へ与えられた。これにより奴隷貿易は黄金時代を迎えたが、ヨーロッパ列強は密貿易の隠れ蓑(みの)としてアシエントを利用したため、アメリカ大陸におけるスペインの独占は徐々に崩壊していった。そのため請負人と植民地官吏との紛争が絶えず、1739年にはイギリス・スペイン間の「ジェンキンズの耳」戦争に発展、1750年イギリスはアシエントを放棄し、以後、奴隷貿易を含むアメリカ大陸貿易は自由貿易の時代に移行していった。[清水 透]
『R・メジャフェ著、清水透訳『ラテンアメリカと奴隷制』(1979・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアシエントの言及

【奴隷貿易】より

…ただし,利潤率については,数十%から100%以上という推計もある。一方,新世界に広大な植民地を領有しながら,黒人奴隷の供給源をもたなかったスペインは,16世紀から18世紀半ばにかけて奴隷供給の請負契約制(いわゆるアシエント)を採用したが,高い利潤の期待できたこの契約は,イギリス,フランス間の重商主義戦争の一因となった。ユトレヒト条約(1713)でこれを握ったイギリスでは,奴隷貿易に従事する南海会社の株価が急騰し,南海泡沫事件の原因となった。…

※「アシエント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アシエントの関連キーワード総合年表(アメリカ)スペイン継承戦争南海泡沫事件アフリカ会社アン女王戦争

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android