コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスマラ アスマラ Asmara

6件 の用語解説(アスマラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスマラ
アスマラ
Asmara

エリトリアの首都。別綴 Asmera。マッサワ南西約 70km,標高約 2300mのハマセン高原東端に位置。 1880年代にヨハネス4世時代の総督の行政庁が置かれたが,1897年までは小村落にすぎなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アスマラ(Asmara)

エリトリアの首都。エチオピア高原の北端、標高2350メートルに位置する。19世紀末にイタリアアフリカ進出の拠点となった。聖マリアコプト教会カトリックアスマラ大聖堂、初代イタリア総督の宮殿など、植民地時代に築かれたイタリア風の建造物が多数残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アスマラ

エリトリアの首都。標高2330mの高地にあり,65km離れた紅海沿岸の港マッサワと鉄道で結ばれる。住民はおもにティグレ人。19世紀にはエジプトの統治下にあったが,1889年イタリアに占領され,第2次大戦後は英信託統治領となり,1952年にエチオピア領。
→関連項目エリトリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アスマラ【Asmara】

エリトリアの首都。人口40万(1992)。エチオピア高原北端に位置し,2400mという標高のために,快適な気候をもつ。イタリアの植民地時代に建設され,紫色のジャカランダなどの花におおわれた,ヨーロッパ風の町である。エリトリアが1993年にエチオピアから分離・独立するまではエリトリア州の州都であり,エチオピア第2の都市であったが,エチオピアの他の都市が自然発生的なものであるのに対し,この町並みは異質である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アスマラ【Asmara】

エリトリア国の首都。同国の北部、海抜2321メートルの高原に位置する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスマラ
あすまら
Asmara

アフリカ北東部、エリトリアの首都。人口51万4000(1999推計)。エチオピア高原の北端、標高2320メートルに位置し、道路、鉄道で紅海のマッサワ港と結ばれ、国際空港もある。イタリア植民地時代につくられたヨーロッパ風の美しい町で、キリスト教コプト派の壮大な教会がある。住民の半分はコプト派、半分はイスラム教徒である。繊維工業、醸造業、肉缶詰、食品加工などが行われている。[諏訪兼位]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアスマラの言及

【エリトリア】より

…正式名称=エリトリア国State of Eritrea面積=12万1144km2人口(1996)=362万人首都=アスマラAsmara(日本との時差=-6時間)主要言語=ティグリニア語,アラビア語など通貨=エチオピア・ビルEthiopian Birrアフリカ大陸北東部に位置する国。西でスーダン,南でエチオピア,南東部でジブチに接し,紅海に面したその海岸線は約1000kmに達する。…

※「アスマラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アスマラの関連キーワードアッサブエリトリアフィコエリトリンプレトリアエリアリュブリャーナ聖マリアコプト教会エリトリトールエチオピア・エリトリア紛争エリトリア植民地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスマラの関連情報