コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッパッパ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッパッパ

第1次世界大戦後の大正末から昭和初期にかけて普及した,日本で初めての婦人既製服に名づけられた関西風の俗称。半袖のゆるやかな夏用ワンピースで,日本の気候に合致した簡便さと合理性が人気を呼び,全国的に広まった。地味な一重の木綿製で,一般にはウエスト共布のベルトがついている。この服の普及は女性大衆の洋装化にとって風俗史上意義をもつ一方,国民的創意と西欧文化への順応を示したものとして注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッパッパ

1923年の関東大震災後から昭和初期にかけて,急速にひろまった女性の夏季用洋服で,簡単服ともいう。語源は裾がパッとひろがるという大阪言葉に由来する。ウェストにギャザーを入れて裾幅を広くしたスカート,襟なし,半袖のワンピースは,その名のとおり簡単なスタイルであった。最初に売り出したのは,震災後の服装改善を唱える婦人之友社で,大正初期から洋装化を推進してきた同社は,災害後の社会変化を好機に,1枚1円の簡単服を製造販売した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアッパッパの言及

【既製服】より

…初期の既製服は軍隊,官員,日赤看護婦,女学生などの制服がほとんどで,その後,子ども服,学生服のほか背広服,婦人服,コート類も作ったが,成人の服は〈つるしんぼう〉の異名がつくほど粗悪だった。第2次大戦以前の既製服で愛用されたのは,1923年の関東大震災以後に登場したアッパッパと呼ばれた夏の婦人用家庭着ぐらいである。敗戦後アメリカからの救援物資で欧米諸国の既製服に接して,機能性が重視されるようになり,また海外のモード情報やナイロン,ポリエステルなど新しい合成繊維の素材の出現が服装観を変えることとなった。…

※「アッパッパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アッパッパの関連情報