コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツモリソウ

2件 の用語解説(アツモリソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アツモリソウ

山中の草地にはえるラン科の多年草北海道,本州中部以北および東北アジアに分布。茎は高さ25〜40cm,葉は3〜5枚,長楕円形で縦のしわがある。花は初夏,茎頂に1個つき,淡紅色で径約5cm。
→関連項目クマガイソウシプリペジウムパフィオペディルム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アツモリソウ
あつもりそう / 敦盛草
[学]Cypripedium macranthum var. speciosum (Rolfe) Koidz.

ラン科の多年草。根茎は短く太いひげ根が多い。茎は高さ30~50センチメートル、葉を3~5枚互生する。葉は楕円(だえん)形で長さ10~20センチメートル。6~7月、茎の頂端に1花を開く。花は紅紫色または淡紅色で径約5センチメートル、袋状の唇弁が目だつ。和名は、袋状の唇弁を平敦盛(あつもり)の母衣(ほろ)に見立てたもの。中部地方以北の本州、北海道の亜寒帯の草原または疎林下に生える。本州中部の亜高山帯には花が大きく茎10センチメートルほどのホテイアツモリがある。袋状の唇弁と稔性(ねんせい)のある雄しべが2個あるのがこの属の大きな特徴である。日本産のこの属の植物には、花が黄緑色で低山に生えるクマガイソウのほか、キバナノアツモリソウ、コアツモリソウ、カラフトアツモリソウがある。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アツモリソウの関連キーワード敦盛草嵐草寒蘭沢蘭鈴虫草白山千鳥鉄引草蜘蛛蘭深山鶉ヤマユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アツモリソウの関連情報