アトリエ・ナシヨノー(読み)アトリエナシヨノー

百科事典マイペディアの解説

アトリエ・ナシヨノー

国立作業場と訳。フランスの1848年二月革命において,政権に加わったルイ・ブランら社会主義者の要求により設立されたもの。新しい労働組織を目ざしたが,現実には失業者救済の慈善的土木事業にとどまった。この事業解散が同年六月蜂起の原因となった。
→関連項目第二共和政

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android