コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナスタシウス Anastasius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナスタシウス
Anastasius

[生]810頃. ローマ?
[没]878頃
教皇ベネディクツス3世在位 855~858)の対立教皇(在位 855)。司書アナスタシウス Anastasius Bibliothecariusとも呼ばれる。ギリシア語学者として注目され,848年頃,ローマの聖マルケルス教会の司祭枢機卿(→カーディナル)となった。一時,対立教皇となったが,教皇ベネディクツス3世と和解し,のちに教皇庁図書館の司書となった。三位一体における聖霊の問題や東西教会の教義の違いをめぐり,コンスタンチノープル総大主教フォチオスと対立した。また,ハドリアヌス2世(在位 867~872)やヨハネス8世(在位 872~882)など,9世紀の教皇の政策に強い影響を与えた助言者であった。おもな著作にディオニュシオス偽書の著者に関する注釈書があり,"Liber pontificalis"の,ニコラウス1世(在位 858~867)とハドリアヌス2世の解説文も,アナスタシウスの手によるものとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アナスタシウスの関連キーワードテオファネス・ホ・ホモロゲテスディオニシウス・エクシグウスコンスタンティヌスの定めインノケンチウス1世ユスティヌス(1世)アナスタシウス1世アナスタシウス2世コンスタンチヌステオドシウス3世ラウレンチウスクロービス1世ユスチヌス1世ギリシアの炎ホルミスダスセウェルスレオ3世レオ4世ニカの乱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android