コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナナス Ananas; ananas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナナス
Ananas; ananas

本来はパイナップル属の属名であるが,日本の園芸界ではパイナップル科のうちで観葉植物として栽培されているものを一般にアナナスという。多くは熱帯アメリカ原産で乾燥や寒さに強いので最近広く普及するようになった。おもなものにヨウラクアナナス,インコアナナストラフアナナスなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アナナス(ananas)

パイナップル科アナナス属の植物の総称。特に観葉植物とするものをいう。サンゴアナナス・インコアナナスなど。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アナナス

元来はパイナップルの別名だが,最近では多種類のパイナップル科の観葉植物の総称として用いられる。ほとんどが熱帯アメリカ原産。栽培は比較的容易で,ミズゴケ植えにし,開花後株元から出る新芽をはずして差し替え,苗を更新させる。
→関連項目観葉植物熱帯植物パイナップル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナナス【ananas】

単子葉植物パイナップル科の多年草の総称(イラスト)。花や葉がきれいなため多くの種が観賞用に栽培されている。多くは短い茎に半円筒状で鋸歯のある硬質の葉を放射状にむらがりつける草本。しばしば葉の基部は相互に抱きあい貯水槽(タンク)を形成し,葉の表面に生えた多細胞の楯状の毛(吸収毛)が,貯水槽や雨水から水分や養分を吸収する役割をする。花序には宿存性の美しい色の苞葉が発達することが多い。花は3枚の宿存する外花被片と,開花後は枯れ落ちる花弁状の3枚の内花被片を有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アナナス【ananas】

パイナップルの別名。 [季] 夏。
パイナップル科に属する観葉植物。サンゴアナナス・インコアナナスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アナナスの関連キーワードウジュン・パンダンツマベニアナナスティランドシアクリプタンサスツツアナナス珊瑚アナナスチランドシアヒメアナナスニズラリウムエアプランツネオレゲリアティランジアグズマニアフリーセアアナナス類繊維植物温室植物エクメアピチウムカエル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android