コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナン アナン Anan ben David

5件 の用語解説(アナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナン
アナン
Anan ben David

8世紀頃のバビロニアユダヤ教禁欲主義哲学者。アナニテス派の創設者。のちのカライ派の創設者とも考えられている。彼はタルムード主義のもとで教育を受けたにもかかわらず,伝統的なタルムードの立場を退け,聖書のみを唯一の神の律法であるとし,そこに戻ることを主張した最初の人といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アナン
アナン
Annan, Kofi

[生]1938.4.8. ガーナクマシ
国連職員,国連事務総長 (在任 1997~2006) 。クマシの科学技術大学で学んだのち,アメリカに留学。ミネソタ州セントポールのマカレスター大学経済学部を 1961年に卒業。次いでジュネーブ国際高等大学大学院で経済学を専攻,1962年国連に入り,ジュネーブの世界保健機関 WHOの行財政担当官となったのをはじめ,世界各国の国連の関連機関で勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アナン(Kofi Atta Annan)

[1938~ ]ガーナの外交官、政治家。1962年国連事務局に入る。WHO世界保健機関)やUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)などの業務を経て、1997年には第7代国連事務総長に就任。2001年、人権保護活動や国際テロ防止への取り組みなどが評価され、国際連合とともにノーベル平和賞受賞。2006年、任期満了により国連事務総長を退任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アナン

ガーナの国際外交官。国連事務総長。科学技術大学卒。1959年から米国ミネソタ州のマカレスター・カレッジ留学などを経て,1962年世界保健機関(WHO)行財政担当官。
→関連項目国際連合潘基文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナン
あなん
Kofi Atta Annan
(1938― )

第7代国際連合(国連)事務総長。ガーナ共和国クマシ市に生まれる。同市の科学技術大学、アメリカ・マカレスター大学経済学部を卒業、ジュネーブ国際高等大学大学院(経済学)で学び、1962年国連事務局に入る。1971~1972年マサチューセッツ工科大学MIT)の特別研究員となり、経営学修士号を取得。国連では、ジュネーブの世界保健機構(WHO)、アジスアベバアフリカ経済委員会、国連難民高等弁務官事務所などで、管理、予算、財務、人事を担当し、本部事務局では人事部長、予算部長を経て、人事管理官担当事務次長補、計画立案・予算・財政担当事務次長補を務め、1993年国連平和維持活動担当事務次長。この間、1990年湾岸戦争の際、イラクへ派遣され人質解放などの交渉にあたり、旧ユーゴスラビア担当国連特別代表も務めるなど、紛争地域に数多く派遣され解決に努力した。1997年1月1日、初めての事務局出身の事務総長に就任。2001年、国連とともにノーベル平和賞を受賞した。2002年再任。国連の能力の向上、平和維持のための予防外交官僚主義を排し国連を市民に近づけることなどを強調し、2006年12月までの任期を務めた。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナンの関連キーワード荒くまし逞しい逞しくする逞しゅうする御供米スモークマシンガーナチョコレートの日ガーナ リップルクマシュンクマシーブルー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナンの関連情報