コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニス油 アニスゆ aniseed oil

6件 の用語解説(アニス油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニス油
アニスゆ
aniseed oil

植物性の天然香料の一つ。菓子,洋酒,医薬,歯磨きなどに使われる。セリ科植物のアニス Pimpinella anisumの実を水蒸気蒸留して得る。無色または黄白色で,特有の芳香と強い甘味をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アニス‐ゆ【アニス油】

アニスの実を水蒸気蒸留して得られる油。甘い香りがあり、香料として、石鹸(せっけん)・ポマードリキュール酒などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アニス油

 アニスの種子アニシードからとる油.香料として用いる.アニスアルデヒドアネトールなどの香気成分を含む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アニスゆ【アニス油 anise oil】

アニス(セリ科の一年草)の果実に含まれている精油。黄色の液体で沸点210℃。主成分は,アネトール(80~90%),メチルカビコール,p‐メトキシアセトフェノン。比重0.980~0.990(20℃),屈折率1.552~1.559(20℃),旋光度-2゜~+1゜。食品用香料,薬用などに利用される。【内田 安三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アニスゆ【アニス油】

アニスの果実を水蒸気蒸留して得る精油。淡黄色で、芳香・甘味がある。医薬・リキュール酒・石鹼せつけんなどの香料に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニス油
あにすゆ
anis oil

精油の一つ。アニシード油aniseed oilともいう。エジプト、近東地方原産のセリ科植物の熟した果実を水蒸気蒸留すると収油率1.5~6%で得られる。これは淡黄色シロップ状で、甘い特有の香気を有し、15℃以下で固化し、主成分としてアネトール(80~90%)を含有している。せっけんおよびポマードの付香に用い、とくにリキュールの調香料および医薬としての用途が大きい。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニス油の関連キーワードパパインイタリアンパセリセルリアク果粒カンピョウスターアニス油ニホンカボチャフェンネル油ヘチマ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone