コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニス油 アニスゆaniseed oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニス油
アニスゆ
aniseed oil

植物性の天然香料の一つ。菓子,洋酒,医薬,歯磨きなどに使われる。セリ科植物のアニス Pimpinella anisumの実を水蒸気蒸留して得る。無色または黄白色で,特有の芳香と強い甘味をもつ。芳香成分の主要なものはアネトール (50~90%) 。なお,アネトールを主要成分とするものとしては,ほかにフェンネル油などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アニス油

 アニスの種子アニシードからとる油.香料として用いる.アニスアルデヒド,アネトールなどの香気成分を含む.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アニスゆ【アニス油 anise oil】

アニス(セリ科の一年草)の果実に含まれている精油。黄色の液体で沸点210℃。主成分は,アネトール(80~90%),メチルカビコール,p‐メトキシアセトフェノン。比重0.980~0.990(20℃),屈折率1.552~1.559(20℃),旋光度-2゜~+1゜。食品用香料,薬用などに利用される。【内田 安三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アニスゆ【アニス油】

アニスの果実を水蒸気蒸留して得る精油。淡黄色で、芳香・甘味がある。医薬・リキュール酒・石鹼せつけんなどの香料に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニス油
あにすゆ
anis oil

精油の一つ。アニシード油aniseed oilともいう。エジプト、近東地方原産のセリ科植物の熟した果実を水蒸気蒸留すると収油率1.5~6%で得られる。これは淡黄色シロップ状で、甘い特有の香気を有し、15℃以下で固化し、主成分としてアネトール(80~90%)を含有している。せっけんおよびポマードの付香に用い、とくにリキュールの調香料および医薬としての用途が大きい。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アニス油の関連キーワードエーテル(酸素化合物)ピンピネラ属芳香族化合物アニス酸芳香族性

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android