アフリカの角(読み)アフリカのつの(英語表記)Horn of Africa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカの角
アフリカのつの
Horn of Africa

大陸北東部のエリトリアジブチソマリアの3国にまたがる地域で,サイの角に似ていることからこの名がある。地中海とインド洋をつなぐ紅海の出口に当たり,古来戦略拠点として名高く,近年は石油供給路の要衝ともなっている。沿岸部を中心に広く居住するソマリ族の問題,1993年に独立したとはいえエリトリアとエチオピアの複雑な民族構成が遠因となって数々の対立,紛争が発生した。 62年以降続いていたエチオピアとエリトリアの戦い,63~64年のソマリア紛争,77~78年のオガデン戦争におけるエチオピアとソマリアの対立は,旧宗主国や米ソといった時の超大国の介入を招き,事態をより複雑なものにしていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アフリカの角【アフリカのつの】

Horn of Africa。エチオピアエリトリアジブチソマリアから構成され,インド洋と紅海に接するアフリカ大陸東部の地域。その形状がサイの角に似ていることから,このように呼ばれる。住民はアムハラ族,ティグレ族,アゴウ族,オロモ族(ガラ族),シダモ族,ソマリ族など複雑な民族構成をもち,宗教的にもイスラム教徒キリスト教徒が混在している。エチオピア以外は19世紀にイタリア,フランス,英国に植民地化され,独立後も多民族が併存する状況(エチオピア,ジブチ)や単一民族が分断された状況(ソマリア)が残存しているため,紛争が絶えない。とくにソマリ族の居住地域の統一を目指してきたソマリアと,ソマリ族が多く居住するオガデン地域を自国内に抱えているエチオピアとの紛争は,1960年のソマリア独立以後断続的に起こり,1977年―1978年のオガデン戦争ではエチオピアへのソ連,キューバの大規模軍事援助が国際的な注目を集めた。また1962年にエチオピアの一州として併合されたエリトリアでも独立回復をめざす武装解放闘争が開始され,1993年のエリトリア独立でようやく紛争は解決した。ソマリアでは1990年代に入って内戦が激化し,旧英領であった北部が1991年にソマリランド共和国として分離独立を宣言するなど,情勢は深刻化した。国連は1992年12月国連ソマリア活動(UNOSOM)による平和維持活動(PKO)に乗り出したが効果がなく,1993年5月に派遣された平和執行部隊も目的を達成できずに撤退した。
→関連項目ソマリランド中東

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフリカのつの【アフリカの角 Horn of Africa】

エチオピア,ジブチ,ソマリアから構成され,インド洋と紅海に接するアフリカ大陸東部の地域。形がサイの角に似ているところから,このように呼ばれる。住民はアムハラ族,ティグレ族,アゴウ族,ガラ族,シダモ族,ソマリ族など複雑な民族構成をもち,また宗教的にもイスラム教徒とキリスト教徒(おもにコプト派)が混在している。エチオピア以外は19世紀にイタリア,フランス,イギリスに植民地化され,独立後も多民族併存状況(エチオピア,ジブチ)や単一民族分断状況(ソマリア)が残存しているため,紛争が絶えない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アフリカのつの【アフリカの角】

ソマリア・ジブチ・エチオピア・エリトリアから成るアフリカ大陸東北部の地域。民族的・宗教的に構成が複雑で紛争が多発している。サイの角のように突出していることからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフリカの角の関連情報