アブ(虻)(読み)アブ

百科事典マイペディアの解説

アブ(虻)【アブ】

双翅(そうし)目アブ科の昆虫の総称。全世界に分布し,日本にも多くの種類がある。雄は花蜜や樹液を吸うが,雌は吸血性で,人畜にまといつき,種々の伝染病や風土病を媒介。幼虫は水中または水辺の土中にすみ,肉食性ウシアブゴマフアブなどが代表的。またカ,ハエなどに対して双翅目中の不特定の群(ムシヒキアブヒラタアブ,ハナアブ類など)をアブと称することもあるが,その区別は明確ではない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブ【アブ(虻)】

日本語では,双翅類昆虫のある群を漠然と〈ハエ〉〈アブ〉〈カ〉などと分けて用いることが多い。これは厳密な分類学的な意味をもつものではなく,単に形態的な,または色彩的な感じからきたものである。したがって,アブと呼ばれる昆虫の中にはハエもあり,逆にハエと呼ばれている昆虫にはアブやカの仲間も含まれており,必ずしもその分類学的位置とは一致しない。しいていえば,アブにはアブ科そのものを指す場合と,双翅目短角亜目直縫群に属する昆虫の総称の場合とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアブ(虻)の言及

【蛆】より

…ハエやアブの幼虫の一般名。これ以外でも果実などにいる黄白色の幼虫もうじと呼ぶこともある。…

【フィラリア】より

…すなわち,ネッタイイエカなどイエカ属のカやシナハマダラカなどハマダラカ属のカが,バンクロフトシジョウチュウの中間宿主である。また,マレーシジョウチュウの中間宿主はヌマカ属のカであるが,オンコセルカのそれはブユの類であり,ロアシジョウチュウのそれはアブの類である。 以上4種のヒトを固有宿主とするフィラリアのほかに,動物寄生種がある。…

※「アブ(虻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android