コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラヤシ

2件 の用語解説(アブラヤシの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アブラヤシ

 [Elaeis guineensis].熱帯の重要な油料植物で,果皮からパーム油をとり,核からパーム核油ケルネル油カーネル油)をとる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラヤシ
あぶらやし
oil palmafrican oil palm
[学]Elaeis Jacq.

ヤシ科ココヤシ亜科アフリカアブラヤシ属の総称。アブラヤシは果実や胚乳(はいにゅう)から油脂をとるヤシの俗称で、通常アフリカアブラヤシE. guineensis Jacq.を単にアブラヤシという。ほかにアメリカアブラヤシCorozo oleifera L. H. Bailey′ココヤシCocos nucifera L.、ブラジルゾウゲヤシAttalea funifera Mart.もアブラヤシと称することがある。
 アフリカアブラヤシはギニアの原産種で、コンゴ以西に8種自生し、熱帯のヤシ林として栽培される。単幹で直立し、高さ15~20メートル、径30~40センチメートル。幹肌は葉柄が長期間固着したのち脱落し、波紋になる。羽状葉は多数で長さ約6メートル、洋傘状になる。小葉は軟らかく光沢のある濃緑色で長さ1メートル、幅3センチメートル、葉並びが乱れ、基部は牙(きば)状の刺(とげ)となる。雌雄同株で、肉穂花が雌雄別々につき、果実は光沢のある赤褐色ないし黒褐色で、穂状の集果となる。種子は黒褐色の扁球(へんきゅう)形の堅果で、1個の珠孔と2個の珠孔痕(こん)があり、1個の珠孔から発芽する。果実、胚乳はろう質を含み、良質の油脂を採取する。集果は柄が短く採油に不便であるが、近年柄の長い新品種が育成され、油質がよいため製油企業が盛んになり、かつて優勢を誇ったマレーシアのゴム林はアブラヤシ林にとってかわられているほどである。中果皮の油は食用や工業用などに広く利用し、内果皮の核内の胚乳の油は化粧品などに用いる。栽培は30℃以上で多雨を要する。[佐竹利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブラヤシの関連キーワードパーム油パーム核油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブラヤシの関連情報