アベック

精選版 日本国語大辞典「アベック」の解説

アベック

〘名〙 (avec 「…と共に」の)
① 一対の男女がいっしょに組んで行動すること。また、その男女。二人づれ。〔モダン用語辞典(1930)〕
※自由学校(1950)〈獅子文六〉悪い日「『おれは、アベックを見たら、タダで置かねえ男だ』〈〉『じゃア、仕方がねえ。その代り、ちょいと、おれと、アベックしな』」
② 二人、もしくは二つのものが同一の行動をすること。「アベック闘争」
[語誌]日本で用いられる二人連れの意味は、大正末期に大学生に使われたのが始まりとされる。昭和初年頃より流行語、モダン語として広まった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「アベック」の解説

アベック

ドイツの化学者。ダンチヒの生れ。初めA.ホフマンに有機化学を学び,1894年ゲッティンゲン大学でW.ネルンストの助手となり物理化学を研究。1899年ブレスラウ大学教授。溶液氷点,氷の誘電率を測定。1903年原子価の理論を提出。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「アベック」の解説

アベック(〈フランス〉avec)

《…とともに、の意》
(男女の)二人連れ。特に、愛し合う二人連れ。
二人または二つのものが行動をともにすること。「アベック飛行」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「アベック」の解説

アベック

男女の二人連れ。フランス語の「一緒に」がこんな意味で定着。英語ではcouple(カップル)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版「アベック」の解説

アベック【Richard Abegg】

1869‐1910
ドイツの物理化学者。原子価に関する〈アベックの規則〉の提唱者。ダンチヒ(現,グダンスク)に生まれ,チュービンゲンベルリン等の大学で学ぶ。1894年ゲッティンゲン大学のW.H.ネルンストの助手,99年ブレスラウ(現,ブロツワフ)工科大学准教授,1909年には正教授となるが,翌年気球事故で死亡。氷点降下理論(1894)や誘電率,輸率拡散などについての実験的研究があるが,原子価論において重要な寄与をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android