コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベリア 〈ラテン〉Abelia

デジタル大辞泉の解説

アベリア(〈ラテン〉Abelia)

スイカズラ科の常緑低木。中国でつくられた園芸種。枝は多数に分かれ、鮮紅色でつやがあり、葉は卵形対生する。花は釣鐘形で赤みのある白色。6月から11月ごろまで連続して咲く。はなつくばねうつぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アベリア

ツクバネウツギ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アベリア【Abelia ×grandiflora (Andre) Rehder】

ハナツクバネウツギともいう。近年,街路樹の下植えや生垣としてよく使われるようになったスイカズラ科の半常緑性の低木(イラスト)。小さい花が多数つくタイワンツクバネウツギA.chinensis R.Br.と花が大きい中国産のA.uniflora R.Br.との雑種と考えられ,同じ株で萼裂片が2~5枚に切れ込むなど,両種の中間的な性質をそなえている。花はわずかに桃色がかった白色で,冬を除き次々とよく咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アベリア【Abelia】

スイカズラ科の低木。中国原産。庭や公園に植える。高さ1~2メートル。よく枝を分かち、小枝は鮮紅色で、卵形の葉を対生。6月から11月まで連続的に微紅色の花をつける。ハナツクバネウツギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベリア
あべりあ
[学]Abelia

スイカズラ科の1属名であるが、園芸上はハナゾノツクバネウツギ(ハナツクバネ)を通常アベリアとよんでいる。ハナゾノツクバネウツギA. grandiflora Rehd.は、中国中南部に分布する落葉低木で花が枝先に多数集まって開き、雄しべが花冠より飛び出す。シナツクバネウツギA. chinensis R. Br.と、中国南部の福建省に分布する常緑低木のA. uniflora R. Br.とからできた園芸雑種で、1880年以前につくられ、日本には1919年(大正8)ごろに渡来。スイカズラ科の半常緑低木で高さ1~2メートルの株立ちになる。葉は対生し、卵形で長さ2.5~4センチメートル、先は鈍くとがり、縁に鈍い鋸歯(きょし)がある。表面は光沢があり、裏面は淡色で中脈には毛がある。小枝の先に円錐(えんすい)形の花序をつけ、7月から11月ごろまで淡桃白色の花が咲き続ける。花は釣鐘(つりがね)状で長さ約2.5センチメートル、先は5裂して開き、萼片(がくへん)は2~5枚あり紅褐色を帯びる。雄しべは4本で花冠より短く、雌しべは1本あるが果実はできない。
 ハナツクバネは、関東地方以南の日当りのよい適湿の肥沃(ひよく)地でよく育つが、とくに土地は選ばない。病虫害はほとんどなく、成長が速く剪定(せんてい)に耐え、都市の公害にも強く、花期が長いので、公園や庭園に広く栽培されている。繁殖は挿木が容易で、株分けもできる。[小林義雄]

種類

アベリア属は東アジアとメキシコに約20種が分布している。日本にはツクバネウツギ、メツクバネウツギ、コツクバネウツギの3種とその変品種が分布。ツクバネウツギは関東地方以南の本州、四国、九州の山地に生える落葉低木で、5月に黄白色の花を開く。メツクバネウツギはツクバネウツギとよく似ているが、5枚ある萼片のうち1枚が小さく、コツクバネウツギは萼片が2~3枚である。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アベリアの関連キーワードハナツクバネウツギ忍冬天吹山車小枝

アベリアの関連情報