コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマチュア無線 アマチュアムセン

5件 の用語解説(アマチュア無線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アマチュア‐むせん【アマチュア無線】

愛好者間で楽しむ、短波を用いた無線通信。開局には国の免許が必要。→ハム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アマチュア無線

免許を与えられた無線局を通じて交信する。特定の相手との交信以外に、不特定の相手に交信を呼びかけている無線局を探し、会話することも多い。送信機と受信機の電波の周波数が一致すると通信が可能になる。通信には無線従事者免許と無線局免許が必要。

(2012-08-29 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アマチュア無線【アマチュアむせん】

金銭上の利益を目的とせず,個人的興味によって行われる無線通信。アマチュア無線技士は俗にハムhamと呼ばれ,特定の養成課程で講習を受けるか国家試験に合格し,総務大臣の免許を受けた者のみが行うことができる。
→関連項目井深大簡易無線双方向通信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アマチュアむせん【アマチュア無線 amateur radio】

ハムhamともいわれる趣味の一つであるが,国際電気通信条約付属無線通信規則や電波法施行規則によれば,〈金銭上の利益のためでなく,もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練,通信および技術的研究の業務〉のための無線通信である。世界共通の周波数帯を使って国内国外のアマチュア局と交信し,通信技術の研究を行うほか国際親善につとめている。また,青少年の科学的興味の向上や災害時の非常通信にも役だっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アマチュアむせん【アマチュア無線】

個人同士が非営利の目的で楽しむ無線通信。国の免許を受けて開局する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマチュア無線の関連キーワード然も言われたりハムエッグハムサラダハムサンドロースハムハムカツ趣味の園芸趣味の園芸ビギナーズ趣味の園芸 やさいの時間リヴィ指数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマチュア無線の関連情報