コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカシロヒトリ アメリカシロヒトリ Hyphantria cunea; fall webworm

4件 の用語解説(アメリカシロヒトリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカシロヒトリ
アメリカシロヒトリ
Hyphantria cunea; fall webworm

鱗翅目ヒトリガ科。前翅長は雄 14~15mm,雌 16mm。前後翅とも純白であるが,個体によっては前翅に黒点がある。触角は雄では両櫛歯状,雌では鋸歯状に近い。成虫は普通年2回,5~6月および8月に発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アメリカシロヒトリ

鱗翅(りんし)目ヒトリガ科のガの1種。開張30mm内外,白地に黒点がある。幼虫は多食性で,都会周辺に多く,プラタナスサクラ,クワなどを好む。蛹(さなぎ)で越冬。
→関連項目帰化動物ヒトリガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカシロヒトリ【Hyphantria cunea】

鱗翅目ヒトリガ科の昆虫(イラスト)。体翅とも純白のガで,前翅に黒紋を連ねることが多い。開張4cm内外。原産地北アメリカ大陸だが,第2次世界大戦後,アメリカ占領軍の軍需物資とともに1945年ころに京浜地帯に移入され,幼虫が街路樹や庭木について繁殖し,急速に分布を拡大していった。現在では東北地方南部から四国,九州の北部にまで定着している。幼虫は多食性で,サクラ,バラ,クワなど100種以上の樹木に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカシロヒトリ
あめりかしろひとり
fall webworm
[学]Hyphantria cunea

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒトリガ科に属するガ。メキシコ以北の北アメリカに広く分布し、幼虫が多くの落葉樹に寄生し、葉を食べる害虫として有名。害虫駆除の行き届かない果樹園にも被害を及ぼすことがある。1945年(昭和20)ごろに東京、横浜地区で発見され、それ以来、街路樹や庭木に寄生して分布をだんだん広げ、現在では本州北部から四国、九州の北部にまで分布するようになった。第二次世界大戦後、アメリカ軍が日本に進駐したとき、軍需物資について渡来したものとされている。同じような経路で1940年にハンガリーを最初としてヨーロッパに広がり、また1957年には韓国に侵入し土着している。日本では森林地帯には広まらず、人為的な環境で、サクラ、バラ、リンゴ、コナラ、クワなど100種以上の樹木に寄生する。
 5月ごろ羽化した雌は300~800個の卵を食樹の葉に産み付ける。幼虫は3齢まではクモの巣のような糸を張ってその中で集団生活をし、4齢になると巣を離れ分散して葉を食べる。蛹化(ようか)するときは枝から下のほうに移動し、幹の割れ目や付近の建物の壁面などに繭をつくる。第2回目の成虫は7~8月に羽化し、産卵するが、それから孵化(ふか)した幼虫は秋に蛹(さなぎ)となり、そのまま休眠して越冬する。成虫ははねの開張30ミリメートル前後、純白で前翅(ぜんし)に灰黒色の斑紋(はんもん)を連ねるが、この紋を欠く個体は、とくに夏の第2化に多くみられる。日没後に羽化した成虫は、はねが伸びて硬化すると1~2時間飛び回り、灯火によく飛来する。雄は明け方に雌を求めて活発に飛ぶ配偶行動を約1時間行う。雌は比較的明るい枝先などに産卵するので、幼虫が発生したら、初齢のうちに巣ごと取り除くと、庭木などの被害が少なくてすむ。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメリカシロヒトリの言及

【ガ(蛾)】より

…イラガ科の幼虫(イラムシ)の体表には肉棘(にくきよく)が生えているので,これに触れると刺されて,はげしい痛みを覚える。(11)帰化害虫 海外から人為的な要因で侵入し,日本に土着した害虫がいくつかあるが,なかでもアメリカシロヒトリは,第2次世界大戦後に,アメリカ軍の物資とともに日本に入り,本州,四国,九州に広がってしまったもので,サクラ,クワ,バラその他200種くらいの植物に寄生する大害虫となっている。さいわいにして果樹園にはほとんど侵入できないが,庭園樹,街路樹あるいは手入れをせずに放置してあるクワ園などに多発し,被害が出ることが多い。…

※「アメリカシロヒトリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アメリカシロヒトリの関連キーワード毛虫蝙蝠蛾虎蛾サラサ灯蛾白灯蛾灯蛾クワゴマダラヒトリサラサヒトリ(更紗灯)シャクガ(尺蛾)ヒトリガ(灯蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメリカシロヒトリの関連情報