アラミド繊維(読み)アラミドセンイ

百科事典マイペディアの解説

アラミド繊維【アラミドせんい】

芳香族ポリアミドを使った高分子繊維。ポリアミドとは,分子内にアミド結合(−CONH−)を持つ高分子の総称で,この繊維は脂肪族ポリアミド(ナイロン)と区別するために名付けられた。従来の繊維に比べ,引張強度,弾力性,耐熱性に優れる。代表的存在であるデュポン社(デュポン財閥)のケブラー(商標)は,スチール繊維の7分の1,ガラス繊維の2分の1の重量で,同程度の引張強度を持っている。防弾チョッキなどの特殊な用途だけでなく,ヘルメット,ラジアルタイヤタイヤコード,ロープなどに使用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

パラグライダー用語辞典の解説

アラミド繊維

伸び・縮みが非常に少なく、非常に引張り強度が強い繊維である。細くて強度を必要とするパラグライダーラインに適した繊維といえる。しかし、紫外線に弱い事や進行していくストレスを外観から判断しにくい事もあり、パラグライダーのラインは定期的に交換が必要とされている。スーパー繊維あるいはハイテク繊維と呼ばれる事もある。ケプラーとも呼ばれるが、ケプラーはデュポン社の登録商標である。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラミドせんい【アラミド繊維 aramid fiber】

アラミドは全芳香族ポリアミドaromatic amideのことで,脂肪族ポリアミド(ナイロン)と区別するため名づけられた。アミド結合-CONH-がベンゼン環のような芳香環を結合して高分子ポリアミドを形成している。アラミド繊維は,引張強さ,強靱(きようじん)性,耐熱性が従来の繊維よりはるかに大きい。 ポリ‐m‐フェニレンイソフタルアミド(商標ノメックスNomex)は,耐熱性繊維としてアメリカのデュポン社で開発され,1967年に市場に出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アラミドせんい【アラミド繊維】

芳香族ポリアミド繊維。脂肪族ポリアミド(ナイロン)と区別するために名づけられた。耐熱性・引っ張り強度・弾力性に優れる。防弾衣類・海中ケーブルなどに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラミド繊維
あらみどせんい
aramid fiber

引っ張り強さ、弾性率、耐熱性に優れた有機繊維。アメリカの化学会社デュポンが開発した「ケブラー」とオランダ・エンカ社の「トワロン」がその代表格。国内メーカーでは帝人がリードしている。分子構造のちがいによって、パラ系とメタ系に分かれる。強度に優れるパラ系は自動車タイヤコードや宇宙航空分野、耐熱性に優れるメタ系は防火服、各種寝装品などの用途を中心に、需要が拡大している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラミド繊維の関連情報