コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルドース aldose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルドース
aldose

アルデヒド基をもつ単糖類の総称。糖の炭素原子数により,アルドトリオースアルドテトロースアルドペントースアルドヘキソース,アルドヘプトースなどの種類がある。たとえば,ブドウ糖はアルドヘキソースの一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アルドース

 アルデヒド基をもつ単糖の総称で,ケトン基をもつケトースと区別される.グルコースは代表的なアルドース,フルクトースはケトース.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルドース
あるどーす
aldose

アルデヒド基を有する単糖の総称。単糖はアルドースとケトースの二つのグループに分けられるが、天然に存在する糖類の多くは、アルドース、またはその誘導体よりなり、ヘキソースが多い。D-グルコース、D-ガラクトースおよびD-マンノースは代表的なアルドヘキソースであり、生理的に重要な単糖である。また、アルドペントースであるD-リボース、D-2-デオキシリボースはそれぞれ、RNA(リボ核酸)、DNA(デオキシリボ核酸)の構成成分として重要である。もっとも簡単な単糖であるグリセルアルデヒドは唯一のアルドトリオースである。[飯島道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルドースの言及

【単糖】より

…アルデヒド基もしくはケトン基をもつ多価アルコールで,炭水化物の構成単位となっている化合物の総称。アルデヒド基を含むものをアルドースaldose,ケトン基を含むものをケトースketoseと呼ぶ。日常生活で最もよく出会う単糖はD‐グルコースD‐glucose(ブドウ糖)でC6H12O6の分子式をもつ。…

※「アルドース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルドースの関連キーワードアルドースレダクターゼキシロースイソメラーゼアマドリ転位反応糖尿病性神経障害アミノアルドースアルドフラノースアラビノースイソメラーゼアルドサミンアルギン酸キシロースアルドン酸炭水化物ウロン酸糖尿病薬オサゾンアロース転移酵素オソン糖酸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android