コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバレズ Alvarez, Luis Walter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバレズ
Alvarez, Luis Walter

[生]1911.6.13. サンフランシスコ
[没]1988.8.31. バークリー
アメリカの物理学者。シカゴ大学に学び,カリフォルニア大学研究員 (1936) ,同教授 (45) 。マサチューセッツ工科大学でレーダの研究 (40~43) 。ロスアラモスの原子力研究所で原爆研究 (44~45) 。第2次世界大戦後,初めて陽子線形加速器の建設に成功。泡箱の改良に努め,これを使って高エネルギーで起る素粒子の共鳴状態を数多く発見し,1968年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルバレズ

米国の物理学者。1945年カリフォルニア大学教授。第2次大戦中はレーダーと原子爆弾の開発に参加。液体水素を用いた泡箱(あわばこ)を研究,合わせてコンピューターで観測データを高速度に解析する技術を開発,短寿命(10(-/)22秒以下)の粒子(素粒子)の観測を可能にし,反ラムダ粒子(素粒子論)や多数の共鳴状態を発見。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アルバレズの関連キーワードアルバレス(Luis Walter Alvarez)アルバレス(Alfred Alvarez)マサチューセッツ工科大学バン・ド・グラーフロスアラモス原子力研究所ゴフ[島]矢入一男

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android