コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルメニア美術 アルメニアびじゅつArmenian art

2件 の用語解説(アルメニア美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルメニア美術
アルメニアびじゅつ
Armenian art

アルメニア地方に開花した美術。ことに東方的色彩の強いキリスト教美術を特徴とする。建築,絵画,彫刻などに幾多の著名な作品が残されている。5世紀から7世紀がその最も発展した時代で,第2期は9世紀後期から 11世紀,第3期は 12世紀から 14世紀,以後はイスラムの支配のもとに衰退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルメニアびじゅつ【アルメニア美術】

アルメニアの美術は,すぐれた独自の中世美術として東方キリスト教美術のなかで重要な地位を占め,その影響は中期ビザンティン美術ロシア中世美術のみならず,西ヨーロッパにもおよんでいる。
[建築]
 アルメニア美術の特色ある姿は,高い円錐形のクーポラ(円蓋)を中心として均衡よく築かれた直線形のいかめしい聖堂(教会堂)建築に発揮されている。この地ほど円蓋をいただく集中式建築を愛好して,そのさまざまの形式を試みているところは他に類例をみない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone