コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルメニア美術 アルメニアびじゅつArmenian art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルメニア美術
アルメニアびじゅつ
Armenian art

アルメニア地方に開花した美術。ことに東方的色彩の強いキリスト教美術を特徴とする。建築,絵画彫刻などに幾多の著名な作品が残されている。5世紀から7世紀がその最も発展した時代で,第2期は9世紀後期から 11世紀,第3期は 12世紀から 14世紀,以後はイスラムの支配のもとに衰退した。その美術は一方,ビザンチンシリアパレスチナの影響を受け,他方にササン朝ペルシアの文化を受継ぐ (→ササン朝美術 ) 。したがって絵画や彫刻にはしばしば両者モチーフが混合され,特殊な様式を生んだ。また9世紀から 14世紀の写本の挿絵は両者の影響のほか,さらにイスラム美術のモチーフが加えられている。特に 13世紀の写本は高度の美術的特質をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルメニアびじゅつ【アルメニア美術】

アルメニアの美術は,すぐれた独自の中世美術として東方キリスト教美術のなかで重要な地位を占め,その影響は中期ビザンティン美術やロシア中世美術のみならず,西ヨーロッパにもおよんでいる。
[建築]
 アルメニア美術の特色ある姿は,高い円錐形のクーポラ(円蓋)を中心として均衡よく築かれた直線形のいかめしい聖堂(教会堂)建築に発揮されている。この地ほど円蓋をいただく集中式建築を愛好して,そのさまざまの形式を試みているところは他に類例をみない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルメニア美術の関連キーワードウラジーミル派アグタマールエチミアジン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android