コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコウ アンコウ Lophiomus setigerus

5件 の用語解説(アンコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンコウ
アンコウ
Lophiomus setigerus

アンコウ目アンコウ科の海水魚。全長約 1m。体は灰色または灰白色で,黒く縁どられた淡い斑紋がある。胸鰭は体色より黒ずむ。頭は大きく幅広く,扁平。胴尾は細く短い。吻上棘をもち,これを振動させて小魚をおびき寄せて食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンコウ

アンコウ科に属する海水魚の総称。一般にキアンコウ(別名ホンアンコウ)とアンコウ(別名クツアンコウ)をいう。両種とも全長1m余になり,上下に扁平で頭部が大きい。灰褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アンコウ

 アンコウ(blackmouth goosefish, anglerfish)[Lophiodes setigerus],キアンコウ(yellow goosefish, anglerfish)[Lophius litulon],ニシアンコウ(anglerfish)[Lophiodes piscatorius],メダマアンコウ(bigene goosefish)[Lophiodes mutilus],ヒメアンコウ(Moseley's goosefish)[Lophiodes naresi]などがある.全長1mにもなるアンコウ目アンコウ科の食用の海産魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

あんこう【アンコウ】

《栄養と働き&調理のポイント
 アンコウの旬(しゅん)は冬。
 骨以外は食べることができるアンコウは、トモ(尾びれ)、肝(きも)(肝臓)、皮、えら、ヌノ(卵巣(らんそう))、ミズブクロ(胃)、ヤナギ(ほお肉)の7つに「吊るし切り」という方法でさばかれます。肉は水分の多い白身で、脂質含有量も少ないのが特徴です。
○栄養成分としての働き
 しかし、アン肝として珍重される肝臓は、50gに対し41.9%もの脂質が含まれています。
 この脂質にはコレステロール値を下げたり、血栓(けっせん)を予防する働きのあるIPAや、脳の働きをよくするDHAなどが含有されているほか、レチノール、ビタミンD、Eにも富んでいます。
 レチノールは、上皮細胞を正常化させ、皮膚や粘膜(ねんまく)の免疫機能を維持し、視力も正常に保ちます。
 アン肝のビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を助け、正常な骨の発育をうながします。ビタミンEは、細胞の老化を抑え、生殖機能を正常に保たせ、手や足などの血行をよくします。
○注意すべきこと
 レチノールを過剰摂取すると頭痛、めまい、嘔吐(おうと)などが現れることがあります。1日540(女性)~600μg(男性)が摂取の目安です。アン肝には、レチノールが100g中8300μgも含まれているので、少量にどとめましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンコウ
あんこう / 鮟鱇
anglerfishgoosefish

硬骨魚綱アンコウ目アンコウ科Lophiidaeの総称であるが、アンコウ科の代表的なアンコウmonkfishLophiomus setigerusやキアンコウLophius litulonなどをさす場合が多い。名の由来は明らかでないが、一説には「赤魚(あかうお)」に起源するという。古くはアンゴウ、アンゴともいったがこれは、暗愚魚(あんぐうお)(のろまな魚)に由来する。頭が著しく大きくて平たく、口は横に広く開く。背びれの最前のとげは糸状に長く伸び、その先端に餌物(えもの)を誘引する皮弁があり、ルアーの役目をする。体は柔軟で鱗(うろこ)がなく、体表に多くの小皮弁がある。胸びれは大きく、その基部は腕状に肥厚する。
 世界の熱帯から温帯にかけて広く分布し、普通水深100~400メートルの砂泥や、小石の多い海底に生息する。しかし若魚は、岩場の間の軟泥帯や藻場のなかにもすむ。代表的な肉食魚で、底にすむエイ、イカナゴ、カジカ、タラ、カレイなどの魚類や、イカ類、エビ類、カニ類などを貪食(どんしょく)する。ときには水面近くに浮上して、イワシやサバなどの海面近くを泳ぐ魚や海鳥などを食べることがある。歯は長くて鋭いうえ内方に向かって倒れ、とらえた餌物が逃げ出せないようになっている。また、口や食道が広く、容易に餌物を飲み込める仕組みになっている。一度に体重の3分の1余りの量を大食する。しかし、餌(えさ)に対して好みがあり、体が硬いものやとげのあるものを避け、イカナゴをとくに好む。[落合 明・尼岡邦夫]

生態

卵は大きく、直径4ミリメートルもあり、0.7ミリメートル前後の油球が1個以上ある。卵はゼラチン様の淡い灰茶色の帯の中に、整然と1層に並んだ多数の小室に1個ずつ詰められ、海表を浮遊している。このリボン状の帯は幅30センチメートル、厚さ4ミリメートル、長いもので10メートルもある。卵から孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は数ミリメートルで、腹面に大きな卵黄嚢(らんおうのう)をもつが、1週間余りで卵黄は吸収される。このころから、この類の幼生の特徴である背びれや腹びれの軟条が著しく伸長する。全長2センチメートル近くで背びれの第1棘(きょく)が発達しだし、各ひれもしだいに整って全長数センチメートルで、海底に降りて底生生活を始める。
 視覚はあまり発達していないが、嗅覚(きゅうかく)や味覚はよく発達している。嗅覚の中枢部にあたる嗅球の大きさや、嗅覚を受容する嗅板の数は、雌より雄のほうが2~3倍ほどあり、嗅覚の働きは雄でとくによく発達している。動作は一般に鈍くて運動能力も低い。低温期には深海へ移り、高温期には岸の浅海へ向かう季節回遊をするが、その規模は小さい。体を海底などに定着させ背びれの誘引装置をゆっくりと動かして獲物をおびき寄せ、口に近づいたとき目にもとまらぬ速さで口の中に取り入れる。移動すると、腹びれや尾びれを前後左右に激しく動かして浅いくぼみを掘り、じょうぶな胸びれや腹びれ、臀(しり)びれなどで体を支えて定着する。このとき砂煙を巻き上げ、同時に皮膚上に生えた多くの皮弁を広げ、体の輪郭を不明瞭(ふめいりょう)にして外敵の目をそらすようにする。
 内臓器官のうち、腎臓(じんぞう)の構造や働きが特異であり、尿細管はあるが、血液中の老廃物を濾過(ろか)する糸球体は成長につれ退化してまったくなくなる。このような腎臓を無糸球体腎という。普通の魚類では、尿は糸球体の濾過と尿細管の再吸収によってつくられるが、この類では尿細管の分泌物だけが尿となる。[落合 明]

代表種

アンコウ(別名クツアンコウ)は、北海道以南の日本各地、東シナ海、西太平洋、インド洋に分布する。胸びれの条(すじ)が22本前後、臀びれの条が6~7本。後頭部背面にある上膊棘(じょうはくきょく)は多尖頭(たせんとう)(枝分かれしている)舌の前部は黒くて、多くの黄色の円形斑紋(はんもん)が散在する。全長1メートル余りになる。
 キアンコウ(別名ホンアンコウ)は北海道以南の日本各地、東シナ海、黄海、インド洋・西太平洋に広く分布する。胸びれの条23本、臀びれの条8本。上膊棘は単尖頭(枝分かれしていない)。口の中は白く、胸びれは先端に向かうほど濃い。雌では60センチメートル、雄では35センチメートルぐらいから成熟しだす。冬から初夏にかけて深海から浅海へ移動し、餌を十分にとって産卵する。夏の終わりから秋にかけて深みに戻り、餌取りも少なくなる。おもに底引網で漁獲される。[落合 明・尼岡邦夫]

料理

全身柔らかく、包丁を入れにくいので、「アンコウのつるし切り」といって、高くつり上げておいて切りおろす。江戸の川柳(せんりゅう)は「アンコウは唇ばかり残るなり」と詠んでいる。アンコウは皮、ひれ、えら、肉、胃、肝臓、腸を「七つ道具」といってとくに賞味されるが、大骨(背骨)を除いてほとんど食べられる。アンコウ料理では鍋(なべ)料理が代表的なものであり、肝(きも)だけを用いた料理はいろいろある。冬に茨城県以北の北海でとれるものが美味であるが、水戸の共和(ともあ)えは有名である。これはアンコウの肝をつぶしたもので肝の小塊をまぶし、酢を加えたものである。[多田鉄之助]

民俗

この魚は動作が鈍そうにみえるところから、「アンコウの餌待ち」などと、ぼんやりしている者や愚か者のたとえにされる。形が琵琶(びわ)に似ているので琵琶魚(びわうお)ともいわれ、また相撲で太って腹の出ている力士のことを「あんこがた」というが、これはこの魚の形に由来する。奇異な頭の骨を干物にして門口につるし、魔除(まよ)けにする地方もある。[矢野憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンコウの関連キーワードブレークポイントポイントアンドフィギュアポイントガードGポイントSuicaポイントツイスト テクノポイントプリンスポイントカードボーナスポイントポイント方式ヒッティングポイント

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンコウの関連情報