コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチコドン anticodon

翻訳|anticodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチコドン
anticodon

対応コドンともいう。メッセンジャー RNA(mRNA)は3つの連続するヌクレオチドから成っており,遺伝暗号によってアミノ酸の合成を指定している。これをコドン (暗号子) というが,この暗号を解読するために転移 RNA(tRNA)の上に3種のヌクレオチドがあり,これをアンチコドンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンチコドン(anticodon)

転移RNAのほぼ中央に位置する3個の連続した塩基伝令RNA上の3個の塩基(コドン)と結合して、遺伝情報を各アミノ酸に対応づける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アンチコドン

 mRNAやDNAがアミノ酸を決定するコードは,三つヌクレオチドの配列で決められているが,その配列のうち,mRNAの塩基配列とその配列をもつDNA鎖の配列をコドンというのに対して,tRNAはそれに相補的な塩基配列がもとになる.それをいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アンチコドン【anticodon】

遺伝学で使われる単位の一。 mRNA 上のコドンと塩基対をなし、それを解読する。対応コドン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンチコドン
あんちこどん
anticodon

遺伝学で用いられる単位の一つ。タンパク質合成に働く転移RNA(運搬RNA)の構造の一部であり、遺伝暗号の単位であるコドンを識別する部分で、三つの隣接したヌクレオチドからなる。タンパク質合成のとき、リボゾーム上でメッセンジャーRNA(伝令RNA)のコドンと相補的な塩基対をつくり、コドンの指定するアミノ酸をタンパク質鎖に結合する。たとえば、アミノ酸の一種のセリンを運ぶ運搬RNAではUCGという塩基配列がアンチコドンであり、この部分がセリンの遺伝暗号であるコドンAGCを識別し、この位置にセリンを結合させ、タンパク質鎖をつくる。[石川辰夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンチコドンの言及

【RNA】より

…アミノ酸はアミノアシル化酵素(正式にはアミノアシルtRNAリガーゼ)の働きで,tRNAの3′末端のアデノシンのリボース部分とエステル結合を形成し,リボソームへ運ばれる。tRNA分子のほぼ中央部分には,アンチコドンと呼ばれる3塩基よりなる部位があるが,この塩基配列がmRNA上のコドンを解読する。コドンの3塩基とアンチコドンの3塩基とのワトソン=クリック型の相補的な対合がこの解読の主役となる。…

【遺伝暗号】より

…mRNA分子上のコドンの配列をアミノ酸配列に変換する能力をもつ転移RNA(tRNA)は,各コドンに対応して多種類のものが細胞内に存在している。このtRNA分子はそれぞれ特異的なアミノ酸を一端に結合し,また分子の別の個所に,mRNAコドンに相補的に結合する三つ組塩基配列(アンチコドンanticodon)をもっている。コドンとアンチコドンは逆向きに結合する。…

【遺伝情報】より

…mRNA上の3個の塩基配列が単位となって,1個のアミノ酸を指定しているが,この3塩基からなる単位をコドンcodonと呼ぶ。コドンをアミノ酸に解読する過程には,tRNAが関与し,tRNA分子のアンチコドンanticodon部位の3塩基が,コドンの3塩基と相補的な対合をすることで解読が成立する(〈RNA〉の項目の転移RNAの部分を参照)。 mRNA分子は,アミノ酸の配列を指定する塩基配列以外にも,その前後に余分な塩基配列をもつのが通例である。…

【タンパク質合成(蛋白質合成)】より

…アミノ酸は転移RNA(tRNAと略記)に共有結合した型で,リボソームへと運ばれる。おのおののアミノ酸種には異なったtRNA分子が対応しており,tRNA分子上にはmRNAのコドンを解読するアンチコドンanticodonという部位が存在する。mRNA上のコドンの順番に従って,アミノ酸はリボソーム上で,tRNAからペプチド鎖へと順次引き渡されていく(遺伝情報の翻訳)。…

※「アンチコドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンチコドンの関連キーワードアミノアシルtRNA合成酵素アミノアシルtRNA第2の遺伝暗号サイトカイニン遺伝学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android