コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダAntigua and Barbuda

3件 の用語解説(アンティグア・バーブーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンティグア・バーブーダ
アンティグア・バーブーダ
Antigua and Barbuda

正式名称 アンティグア・バーブーダ。面積 442km2。人口 9万1400(2011推計)。首都 セントジョンズ西インド諸島東部,小アンティル諸島北部,リーワード諸島中部にある島国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンティグア・バーブーダ

◎正式名称−アンティグア・バーブーダAntigua and Barbuda。◎面積−442km2。◎人口−8万6000人(2011)。◎首都−セント・ジョンズSt.John's(2万2000人,2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティグア・バーブーダ
あんてぃぐあばーぶーだ
Antigua and Barbuda

中央アメリカカリブ海東部、小アンティル諸島中のリーワード諸島中部に位置する国。主島のアンティグア島と、その北方約50キロメートルにあるバーブーダ島およびレドンダ島からなる。国名のアンティグア・バーブーダは二つのおもな島名のアンティグアとバーブーダを合わせたものである。ちなみにアンティグアの島名はスペインセビーリャにあるサンタ・マリア・アンティグア教会に由来する。面積442平方キロメートル、人口8万3000(2005年推計)、8万8000(2008年推計)。首都はアンティグア島のセント・ジョンズ。
 アンティグア島は火山島で起伏に富み、年降水量は海岸部で1000ミリメートル程度であるが、南西部の高地では1200ミリメートルを超える。地形と降水量の違いによって、火山性の高地からなる南西部と、これに平行する中央平野、および北東から南西に延びる石灰岩の丘陵地の3地区に分けられる。バーブーダ島はサンゴ礁の島で、レドンダ島は無人島である。三つの島はいずれも熱帯気候に属し、気温の年較差は少ない。
 アンティグア島は1493年、コロンブスの第二次航海で「発見」され、スペインとフランスが植民地化を試みたが失敗し、1632年イギリス人がセント・キッツ島から入植してサトウキビ栽培を始めた。1666年にフランスに占領されたが、1667年のブレダ条約によってイギリスの植民地となった。1958年に西インド諸島連邦に加盟し、1962年の同連邦の解体後、1967年に属領のバーブーダ島とレドンダ島とともにイギリス連邦の準加盟国となり、国防と外交を宗主国イギリスに依存して内政自治権をもった。イギリスから派遣された高等弁務官のもとで、二院制の議会と内閣によって自治が行われてきた。1970年代後半から、かつての西インド諸島連邦の島が次々と独立に動きだすにつれて、アンティグアも1978年にイギリスとの交渉を開始し、1980年ロンドンの制憲会議で独立が原則的に認められ、1981年11月にイギリス連邦の一員として独立した。同年国連に加盟、憲法を発布した。
 議会は二院制で、元首であるイギリス国王(2012年3月時点でイギリス女王エリザベス2世)の代理を務める総督の指名による17名の議員からなる上院と、選挙によって選ばれた17名の議員からなる下院で構成されている。ともに任期は5年。首相は、下院の多数派代表(通常多数党の党首)が選ばれ、総督に任命されて内閣を組閣する。政党にはアンティグア労働党(ALP=Antigua Labour Party)と統一進歩党(UPP=United Progressive Party)の二大政党がある。
 主産物は熱帯果実、野菜、タバコ、砂糖、綿花、水産物である。サトウキビは中央平野と谷底の最良の土地で、綿花は石灰岩の丘陵地で栽培される。近年は観光が経済活動の中心で、2000年代初頭の観光収入は国民総生産(GNP)の60%を占めた。経済発展はアメリカ、カナダ、ヨーロッパからの観光客に依存するところが大きい。世界経済の変動と自然災害による影響を少なくするために、運輸、通信、インターネットギャンブル(オンラインカジノ)と金融サービスの成長を支援している。1941年にアメリカがアンティグア島北東部を軍事基地として借り、この場所はその後、アメリカ空軍の人工衛星の追跡基地となっている。通貨は東カリブ・ドル(ECドル)。
 住民の90%以上がアフリカ系で、混血、イギリス系白人が若干いる。公用語は英語。英語と先住民言語の混合語(クレオール語)も使われる。宗教はキリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)がほとんどである。
 日本とは1982年(昭和57)に国交を樹立。2006年(平成18)に日本との間に技術協力協定を結んだ。貿易では、日本へおもにブドウ(乾燥)などを輸出し、輸出額は約1000万円。日本からはおもに自動車、機械などを輸入し、輸入金額は約8億円である(2010)。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンティグア・バーブーダの関連情報