コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントニヌス・ピウス アントニヌス・ピウスAntoninus Pius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントニヌス・ピウス
Antoninus Pius

[生]86.9.19. ローマ近郊ラヌウィウム
[没]161.3.7. ローマ近郊ロリウム
ローマ皇帝 (在位 138~161) ,五賢帝の一人でその4番目にあたる。 120年執政官 (コンスル ) 。イタリアの司法行政を支配。のちアシア州総督。ハドリアヌス帝の養子となり,その死後即位。元老院と協調し,「敬虔」 Piusの名を得る。穏健で,ほとんどローマを離れずに政治を行なった。治世はおおむね平和,役人の地位を安定させ,属州の負担をやわらげ,冗費を節約,法施行に際しては寛大であった。社会政策も進め,キリスト教迫害を緩和した。外部に対しては防御的で,ブリタニアアントニヌス長城を築き,ゲルマニアにも防壁を築いた。ブリタニア,ダキア,北アフリカ,ユダヤで小規模な反乱もあったが,政治の中央集権化が進み,安定しており,A.アリスチデスによってその平和がたたえられた。 147年彼の手によりローマ建国 900年祭が行われた。彼の死後養子マルクス・アウレリウスが即位した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アントニヌス・ピウス

ローマ皇帝(在位138年―161年)。五賢帝の一人。ハドリアヌス帝の養子となり,その後を継承。治世はローマ帝国史上最も平穏な時代とみられ,〈ピウス(敬虔(けいけん)な)〉の称号を元老院から贈られた。
→関連項目マルクス・アウレリウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントニヌス・ピウス
あんとにぬすぴうす
Antoninus Pius
(86―161)

ローマ皇帝(在位138~161)。五賢帝の4番目の皇帝。執政官級の貴族の家系に生まれ、財務官、法務官を務めた後、34歳で執政官となった。小アジアの総督として名声を博し、ハドリアヌス帝の顧問団に加えられた。篤実な人柄のゆえに同帝の信任も厚く、その後継者として養子に迎えられた。同帝の死後、元老院は「敬虔(けいけん)な」Piusという称号を与えて新帝をたたえている。
 彼の治世は、賞与金の施与、扶養基金の設定、属州の財政負担の軽減が果たされるなかで、公費の節約や規律の遵守が徹底するという、まさしく「ローマの平和」に名実ともにふさわしい時代であった。しかし、元老院との協調関係が重視された反面で、行政機構における中央集権化が進展していたことは見過ごせない。死後は万人の称揚するところに従って神格化され、記念碑や神殿が建てられた。[本村凌二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アントニヌス・ピウスの関連キーワードサンタンジェロ城[ローマ]マルクス・アウレリウスサンタンジェロ城ホネスティオレスサエクルムの祭典ローマ史(年表)ファウスティナアントニヌス朝ペルティナクスブリガンテス人ファウスチナユスティノススベイトライギリス史パンテオンローマ美術オケオ遺跡ユリアヌスウェルスフロント

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android