コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントルメ entremets

翻訳|entremets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントルメ
entremets

本来はメインの肉料理とデザートの間に出る軽い料理のこと。アントルメのうち,甘味のものをアントルメ・シュクレと称して区別していたが,現在のアントルメはほとんど甘味のものとなった。いわゆる食後の菓子のことで,クッキーなどの干菓子は用いず,温かいプディングやベニエ,クレープ,冷たいプディングやブラマンジェ,ババロアなどの生菓子をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アントルメ(〈フランス〉entremets)

西洋料理で、デザートに出る菓子類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アントルメ

西洋料理の正式献立で,ロースト料理のあとに供する甘味の料理をいい,デザートの一つに当たる。しかし一般には食後に供する甘い菓子類をいう。プディング,パンケーキ,焼いたり揚げたりした果物(くだもの)など。
→関連項目ディナープリン(料理)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

アントルメ【entremets(フランス)】

西洋料理、特にフランス料理で、デザートに出される菓子類。シャーベット・アイスクリーム・ババロアなどの冷菓、クレープ・スフレなどの温菓があるほか、ケーキやパイなども含まれる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アントルメ【entremets】

西洋料理で、食事の最後に出される甘い菓子や果物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントルメ
あんとるめ
entremetsフランス語

西洋料理で、昼食や夕食、または正餐(せいさん)の献立の終わりのほうにデザートコースとして供されるもの、今日では主として食後の甘味料理をさす。アントルメには冷菓と温菓の2種類がある。冷菓は体温以下の温度で供される菓子類で、たとえばゼリー、シャーベット、アイスクリーム、ムースなどである。温菓は体温以上の温度で供されるもので、たとえばプディング、スフレ、クレープ、パイなど種類も多い。最終のコースに供される料理として、とくに色彩や盛り方に創意工夫が望まれる。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アントルメの関連キーワードフランス料理/おもな料理用語インテルメッツォプリン(料理)西洋料理洋菓子ムース

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android