コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントレ entrée(entree)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントレ
entrée(entree)

西洋料理の前菜とスープのあとで出される料理のこと。フランス料理フルコースでは魚料理とメインの肉料理の間に出され,ソースとともに供される軽い肉料理が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アントレ(〈フランス〉entrée)

正式の西洋料理で、魚料理の次に、肉料理が2種出る場合の、初めの肉料理。また、一般に、肉料理をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アントレ

西洋料理の正式献立で,魚料理とロースト料理の間に供する料理のこと。ふつう献立の中心になる料理をここで供し,鳥獣肉および内臓料理が当てられる。
→関連項目シャーベットフランス料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

アントレ【entrée(フランス)】

①西洋料理、特にフランス料理のコースで、オードブル。⇒オードブル
②西洋料理、特にフランス料理のフルコースで肉料理が2種類出る場合に、魚料理の次、ローストした肉料理の前に出る(最初の)肉料理。
◆「入り口」「始まり」の意。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アントレ

静岡県沼津市にあるショッピングセンター。1991年オープン。JR沼津駅の駅ビル施設。

アントレ

リクルートが発行する独立・起業・フランチャイズ情報誌。1997年創刊。年4回の季刊

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

アントレ【entrée】

〔「入り口」の意〕
西洋料理で、魚料理の次に出す料理。主として鳥獣の肉を使ったもの。また、オードブルをいうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントレ
あんとれ
entreフランス語

西洋料理の正餐(せいさん)献立で、魚料理と焼肉料理の間に供される料理。アントレはフランス語で「入る」という意味で、最初は序の料理であった。現在でも冷前菜を使わない献立では、軽いアントレに限り、温前菜として、昼食などに最初の料理として供される。たとえば、パイ料理のように捏粉(こねこ)ptを使うものが多いようである。普通に出されるアントレは、白ソースまたは褐色ソースなどといっしょに供される肉料理であるが、焼肉料理すなわち英語のローストroastではない。魚料理と焼肉料理の間に出る主要料理である。たとえば正餐献立では、前菜、スープ、魚料理、アントレ、シャーベット、焼肉料理、サラダ、チーズ、デザート、フルーツ、コーヒー、小菓子と続くが、これにみるように、アントレは魚料理と焼肉料理の間に供される。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アントレの関連キーワードバッハ:序曲 ヘ長調/piano soloフランス料理/おもな料理用語ステファン フィルスマイヤーソーシャルアントレプレナーシニア・アントレプレナーモンブラン・トンネルアントルプルヌール近鉄百貨店 生駒店ティナ シーリグイントラプレナーロバート ファンSBI大学院大学アントレプレナーマイケル デルインタールードミア ファローダン ギルモアカツオブシムシ静岡県沼津市パ・ド・ドゥ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アントレの関連情報