コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドラーシ アンドラーシ Andrássy Gyula

4件 の用語解説(アンドラーシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドラーシ
アンドラーシ
Andrássy Gyula

[生]1823.3.3. カシャ
[没]1890.2.18. イストリア,ボロスカ
ハンガリーの政治家。 19世紀後半の中欧の指導的外交官の一人。貴族の家に生れ,1848年のハンガリー独立運動に参加。その敗北後パリへ亡命,57年特赦により帰国。 61年ハンガリー議会に選出され,65年副議長に選任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンドラーシ

ハンガリーの政治家。1867年オーストリアとの和解に貢献,同年ハンガリー王国初代首相。1871年―1879年オーストリア・ハンガリー帝国外相。親独政策を採り,三帝同盟を締結,さらにドイツ・オーストリア同盟を結んだが調印直前に失脚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンドラーシ【Andrássy Gyula】

1823‐90
ハンガリーの政治家,伯爵。1848‐49年の革命と独立戦争コッシュートを支持して参加。その敗北後西欧に亡命するが,57年に恩赦。帰国後デアークを支持してオーストリアとの妥協を推進。アウスグライヒ(和協)後の初代ハンガリー首相となる(1867)。71年以後オーストリア・ハンガリー二重帝国の外相。ビスマルクと組んでロシアの影響力の拡大に対抗。72年プロイセン・オーストリア・ロシア三帝同盟を実現,78年のベルリン会議ではボスニアヘルツェゴビナ占領を承認させ,79年にはドイツ・オーストリア同盟を成立させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドラーシ
あんどらーし
Andrssy

(1)「大」Gyula(1823―1890) ハンガリーの政治家。伯爵。3月8日生まれ。革命運動で初めセーチェーニIstvn Szchenyi(1791―1860)を、のちコシュートを支持。1848~1849年の独立戦争では知事、将校、外交官として活躍した。敗北後、ロンドン、パリで亡命生活。1858年に特赦を得て帰国し、デアークDek Ferencz(1803―1876)のもとでオーストリア・ハンガリー帝国を成立させたアウスグライヒ(和協)締結に貢献した。1867年2月には、1849年以後とだえていたハンガリー独自の政府の首相となった。1871年から1879年までオーストリア・ハンガリー二重王国の外相。在任中、三帝同盟(1873)、ボスニア・ヘルツェゴビナ占領(1878)、ドイツ・オーストリア同盟(1879)を実現させた。1890年2月18日没。
(2)「小」Gyula(1860―1929) (1)の子。一貫して王党派の側にたった政治家で、1921年の王党派クーデターにも参加した。[家田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドラーシの関連キーワードベトレンラーコシオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩シューベルト:ハンガリー風のメロディ ロ短調/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンドラーシの関連情報