アンドラーシ(英語表記)Andrássy Gyula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドラーシ
Andrássy Gyula

[生]1823.3.3. カシャ
[没]1890.2.18. イストリア,ボロスカ
ハンガリーの政治家。 19世紀後半の中欧の指導的外交官の一人。貴族の家に生れ,1848年のハンガリー独立運動に参加。その敗北後パリへ亡命,57年特赦により帰国。 61年ハンガリー議会に選出され,65年副議長に選任。オーストリアと提携しつつ,ハンガリーの地位向上を目指した。オーストリア=ハンガリー帝国成立後の 67年,ハンガリー初代首相に就任。 71年オーストリア=ハンガリー帝国の外相となり,親ドイツ政策をとり,72年三帝同盟の成立に尽力した。 78年のベルリン会議ではボスニア=ヘルツェゴビナの自国への併合を約束させた。 79年にはドイツ=オーストリア同盟を締結したが,彼の O.フォン・ビスマルクと結ぶ親ドイツ政策は国内の反発を招き,同年辞職した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アンドラーシ

ハンガリーの政治家。1867年オーストリアとの和解に貢献,同年ハンガリー王国初代首相。1871年―1879年オーストリア・ハンガリー帝国外相。親独政策を採り,三帝同盟を締結,さらにドイツ・オーストリア同盟を結んだが調印直前に失脚同名の息子〔1860-1929〕は小アンドラーシと呼ばれ,第1次大戦末期に外相を務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンドラーシ【Andrássy Gyula】

1823‐90
ハンガリーの政治家,伯爵。1848‐49年の革命と独立戦争にコッシュートを支持して参加。その敗北後西欧に亡命するが,57年に恩赦。帰国後デアークを支持してオーストリアとの妥協を推進。アウスグライヒ(和協)後の初代ハンガリー首相となる(1867)。71年以後オーストリア・ハンガリー二重帝国の外相。ビスマルクと組んでロシアの影響力の拡大に対抗。72年プロイセン・オーストリア・ロシア三帝同盟を実現,78年のベルリン会議ではボスニア・ヘルツェゴビナ占領を承認させ,79年にはドイツ・オーストリア同盟を成立させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドラーシ
あんどらーし
Andrssy

(1)「大」Gyula(1823―1890) ハンガリーの政治家。伯爵。3月8日生まれ。革命運動で初めセーチェーニIstvn Szchenyi(1791―1860)を、のちコシュートを支持。1848~1849年の独立戦争では知事、将校、外交官として活躍した。敗北後、ロンドン、パリで亡命生活。1858年に特赦を得て帰国し、デアークDek Ferencz(1803―1876)のもとでオーストリア・ハンガリー帝国を成立させたアウスグライヒ(和協)締結に貢献した。1867年2月には、1849年以後とだえていたハンガリー独自の政府の首相となった。1871年から1879年までオーストリア・ハンガリー二重王国の外相。在任中、三帝同盟(1873)、ボスニア・ヘルツェゴビナ占領(1878)、ドイツ・オーストリア同盟(1879)を実現させた。1890年2月18日没。
(2)「小」Gyula(1860―1929) (1)の子。一貫して王党派の側にたった政治家で、1921年の王党派クーデターにも参加した。[家田 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android