コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロメダ座 アンドロメダざAndromeda

翻訳|Andromeda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロメダ座
アンドロメダざ
Andromeda

北天の星座で,11月下旬のに南中。ギリシア神話アンドロメダの名にちなむ。そのν星近くに有名なアンドロメダ銀河がある。この銀河は太陽が属する銀河系の外に位置していることがわかった最初の銀河で,銀河系よりも大きい。地球からは細長い楕円状に見える。そのなかで,たくさんの変光星新星星団ガス星雲などが発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンドロメダ‐ざ【アンドロメダ座】

北天の星座。11月下旬の午後8時ごろ南中する。アンドロメダ銀河が含まれる。名称はギリシャ神話のアンドロメダにちなむ。学名 〈ラテン〉Andromeda

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンドロメダ座【アンドロメダざ】

11月の夕方,天頂近くに見える星座。α星アルフェラッツは〈ペガススの四辺形〉の一角。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンドロメダざ【アンドロメダ座 Andromeda】

略号And。北天の星座。ギリシア神話でエチオピアの美姫アンドロメダにかたどる。西端のα星アルフェラッツ(ペガススの肩の意)は,実視等級2.1等,スペクトル型B8の白色の星で,ペガススの四辺形の一角をつくる。β星シラク(腰布の意)は2.2等,スペクトル型M0の赤色巨星である。γ星アルマク(大山猫の意)は連星系らしく2.3等,スペクトル型K3のそばに5.1等,スペクトル型A0の星がある。ν星の近くには有名なアンドロメダ銀河M31がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アンドロメダざ【アンドロメダ座】

11月下旬の宵に南中する星座。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドロメダ座
あんどろめだざ

秋の宵、ほとんど頭上に見える星座。2等星のα(アルファ)は、ペガスス座の大四辺形の一部をなし、これから北東に向かってV字形を横に寝せたような形に星が連なり、母親カッシオペイア(カシオペヤ座)の虚栄心の犠牲となって、海の怪獣(くじら座)のいけにえに捧(ささ)げられたアンドロメダ姫の鎖でつながれた姿を表している。このアンドロメダ姫の腰のあたり、β(ベータ)から北へμ(ミュー)、ν(ニュー)とたどって、ν星のそばにアンドロメダ座大銀河M31が肉眼でもぼんやり見え、双眼鏡を用いれば夜空の多少明るい街中からでも見える。このほか、つまさきのγ(ガンマ)星は、オレンジ色の2等星と青色の5等星の1対からなる美しい二重星で、小望遠鏡で楽しめる。[藤井 旭]
『藤井旭著『チロの星空カレンダー10 アンドロメダ姫物語――秋・10月の星』(1993・ポプラ社) ▽藤井旭著『秋の星座と星ものがたり――秋の星座と神話を楽しもう』(1993・誠文堂新光社) ▽藤井旭著『星座大全――秋の星座』(2003・作品社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンドロメダ座の関連キーワード斗掻き星・斗搔き星・奎宿さんかく座(三角座)エドモンド ワイスとかげ座(蜥蜴座)ペルセウス座トレミー星座さんかく座ビエラ彗星秋の四辺形斗掻き星とかげ座桝形星四隅星星宿図流星雨蜥蜴座三角座流星壁宿

アンドロメダ座の関連情報