コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンラジェ アンラジェ Enragés

3件 の用語解説(アンラジェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンラジェ
アンラジェ
Enragés

1793年フランス革命の最も過激な一派に与えられた名称。ルー,ルクレール,バレールらを指導者として,食糧難,物価高によって生活が悪化したとき,「最高価格法」の実施を要求してしばしば暴動を起したが,公安委員会によって抑圧された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンラジェ【Enragés】

フランス革命がもっとも急進化した1792‐93年に,ジロンド派の追放や統制経済,買占人や反革命容疑者の弾圧を要求してサン・キュロット運動を組織した革命運動の指導者たち。原義は〈激昂する者〉。通常はパリのルー,バルレJean‐François Varlet,ルクレールJean‐Théophile‐Victor Leclerc,女性活動家のレオンPauline LéonとラコンブClaire (Rose) Lacombeのことを指すが,オルレアンタブーローFrançois‐Pierre Taboureau de Montignyや,リヨンシャリエMarie‐Joseph Chalier,さらにエタンプ村の司祭ドリビエアンラジェと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンラジェ
あんらじぇ
Enrags

フランス革命下の過激派。語の意味は「いきりたつ人」で、階級意識に燃えた新左翼。主要なメンバーには、もと司祭で、パリ自治市会に属するジャック・ルーJacques Roux(1752ころ―1794)、郵便局員で街頭の演説家で知られるジャン・バルレJean Varlet(1765ころ―?)、リヨン出のルクレールと彼の愛人のローズ・ラコンブ、スペイングスマンらが数えられる。1792年秋から1793年2月にかけて、各地の生活闘争を指導した急進派により結党された。商品の公定価格の制定、穀類の買占めと退蔵への厳罰、義勇兵家族と貧民の救済など、社会的、経済的な綱領を掲げて、パリの先鋭的な小市民、サン・キュロット層に食い込み、エベール派とパリ市の末端の組織であるセクシオン(区会)やクラブの指導権を競いあった。両派はしばしば混同され、共通に破壊分子とかアナキストとよばれるが、エベール派がジャコバン左翼にくみして議会政治を肯定するのに対し、アンラジェは人民による直接民主主義の樹立を標榜(ひょうぼう)し、エベール派が恐怖政治を指向するのに対し、アンラジェはテロリズム(断頭台主義)を断固拒否する。彼らは反ジロンド派闘争では、ジャコバン党と協調したが、引き続き全金融族の逮捕や、悪徳議員の除名、汚職官吏の処罰、10万人の悪党の追放、ブルジョア財産の没収など、過激な論陣を張り続けたため、しだいに孤立を深め、公安委員会から危険視され、たび重なる弾圧を被った。1794年2月、首領格のルーは死刑の宣告を受け、獄中で自殺した。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンラジェの関連キーワードオーラールマティエフランス大革命サン・ジュスト《1789年――フランス革命序論》フランス革命議会《フランス革命史》(カーライル)《フランス革命史》(ティエール)《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone