アーネム・ランド(読み)アーネムランド

百科事典マイペディアの解説

アーネム・ランド

オーストラリア,ノーザン・テリトリー北部を占める半島状の台地。面積約9万6000km2,人口1万4800人(1986)。そのほとんどがアボリジニー専用地区になっている。小起伏の多いカルスト地形があり,樹木の少ないサバンナ景観を示す。ボーキサイトウラニウムを産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーネム・ランド
あーねむらんど
Arnhem Land

オーストラリア、ノーザン・テリトリー北部、チモール海とカーペンタリア湾との間にある半島部の東半部をさす地方名。面積約9万4000平方キロメートル。同国最大の「アーネム・ランド先住民専用地区」とほぼ同じ範囲にあたる。北東端のゴーブにボーキサイト鉱山がある。これら鉱産資源の開発には先住民の同意が必要。地方名は、1623年に来航したオランダ船名に由来する。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android