アームストロング(読み)あーむすとろんぐ(英語表記)Neil Alden Armstrong

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アームストロング(Neil Alden Armstrong)
あーむすとろんぐ
Neil Alden Armstrong
(1930―2012)

アメリカの元宇宙飛行士。8月5日オハイオ州ワパコネタに生まれる。少年のころから空を飛ぶことに非常に興味を覚え、現役中ずっと飛行技術の向上に熱中した。高校卒業後、海軍に入隊し、1949~1952年ジェット戦闘機のパイロットを務める。この間、朝鮮戦争にも従軍。1952年海軍退役後、航空宇宙工学の名門パーデュー大学に入り、1955年航空専攻工学士の資格を取得。同年アメリカ航空諮問委員会(NACA。現、アメリカ航空宇宙局=NASA(ナサ))のルイス航空推進研究所(後のNASAルイス研究センターを経てグレン研究センター)にエンジニア兼テストパイロットとして就職。その後エドワーズ空軍基地内のNASA飛行センター(後のドライデン飛行研究センター)で超音速飛行の訓練を受ける。この間、母機B-52から発進したX-15を操縦して高度63.2キロメートルおよびマッハ5.74を達成した。1962年2月20日グレンJohn Herschel Glenn(1921―2016)のアメリカ初の地球3周飛行達成に触発され宇宙飛行士に応募、同年宇宙飛行士に選抜され、ヒューストンの有人飛行センター(後のジョンソン宇宙センター)に移った。
 1966年3月16日船長として、スコットDavid Randolph Scott(1932― )とともに2人乗り宇宙船ジェミニ8号に乗り、同日先に打ち上げられ軌道飛行中のアジェナ標的船と史上初のドッキングに成功した。1969年7月16日には、世界最大のサターン型ロケットで打ち上げられた3人乗り宇宙船アポロ11号に、船長として、オルドリンEdwin Eugene Aldrin Jr.(1930― )、コリンズMichael Collins(1930― )とともに搭乗。同月20日、母船から切り離された月着陸船イーグルにオルドリンとともに乗った彼は、人類初の月面着陸に成功した。その後約2時間半の活動を行ったのち、月周回中のコリンズ搭乗の母船コロンビアに移って地球へ無事帰還。月面に最初に降りた彼は「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」という名言を残した。
 1971年NASAを引退後、1979年までシンシナティ大学航空宇宙工学教授。その後、宇宙関連企業の役員を歴任。この間、1986年大統領諮問委員会の副委員長としてスペースシャトル・チャレンジャーの爆発事故の調査に携わる。また、エレクトロニクス・メーカーのAILシステムズ社の会長などを務めたが、2002年に実業界から引退した。1969年(昭和44)日本において外国人としては初の文化勲章を、1970年にはパーデュー大学名誉博士号を授与された。1999年には同大学航空宇宙工学科が卒業生のなかから顕著な業績をあげ貢献した者を表彰する制度Outstanding Aerospace Engineers Awardの受賞者に選ばれた。[久保園晃]
『ニール・アームストロング、マイケル・コリンズ、エドウィン・E・オルドリンJr.著、日下実男訳『大いなる一歩――アポロ11号全記録』(1973・早川書房) ▽岸本康著『月面は粉のようだ』(1969・明文社) ▽木村繁著『人類月に立つ』(1969・朝日新聞社) ▽毎日新聞社編『人類が月を歩いた――アポロ11号の全記録』(1969・毎日新聞社) ▽バズ・オルドリン、マルカム・マコネル著、鈴木健次・古賀林幸訳『地球から来た男――宇宙への挑戦』(1992・角川書店) ▽アンドルー・チェイキン著、亀井よし子訳『人類、月に立つ』上下(1999・日本放送出版協会) ▽中富信夫著『アメリカ宇宙開拓史』(新潮文庫) ▽Space Log Vol.32 1957-1996(1997, TRW) ▽Outstanding Aerospace Engineer(1999, Purdue University)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アームストロングの関連情報