コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーメン アーメン amen/〈ヘブライ〉'āmēn

5件 の用語解説(アーメンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アーメン(amen/〈ヘブライ〉'āmēn)

[感]キリスト教で、祈り・賛美歌などの最後に唱える言葉。まことに、確かに、そうなりますように、の意。エイメン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アーメン

ヘブライ語で〈しかり〉〈しかあれかし〉の意。誓約,祈り,頌栄に用いられ,キリスト教でも儀式,賛美歌,信条の結びなどで,同意のしるしとして付される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アーメン【amen】

ヘブライ語で〈まことに,確かに〉を意味し,結果責任を引き受ける姿勢や〈かくあれかし〉との願望を表明する語。契約,誓約,祈り,頌栄に用いられる。この旧約聖書ユダヤ教の慣習をキリスト教も受容し,教会儀式,祈り,賛美歌,信条の結びなどに同意を示す意味で用いられ,新約聖書では〈アーメンたる者〉としてイエスを指すこともあった。典礼を重んずる教会で祈禱文の歌唱・朗唱後に用いられる。ミサ曲ではグロリアクレドの後に〈アーメン〉が置かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アーメン【amen】

( 感 )
〔ヘブライ語で、まことに、たしかに、の意〕
キリスト教徒が祈禱きとう・賛美歌・信条告白の終わりに唱える言葉。アメン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーメン
あーめん
'mnヘブライ語

ユダヤ教とキリスト教における重要な礼拝用語。誓い、祝福、呪(のろ)い、祈り、賛美などに対して同意を表すために、個人または会衆がこれを唱える。元来、「そのとおりです」と「そうなりますように」との二重の意味を含んでいた。『旧約聖書』『新約聖書』に現れるこのことばは、日本語訳では、そのまま音写される場合が多いが、「言っておく」などの動詞に続く形で、「よく」と訳される場合もある。[土屋 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーメンの関連キーワードヘブライ語ヘブライ文字モサドヘブライ花崗岩ヘブライ石ベン・イェフーダカフナアインソフウンディッチ・ノーベ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーメンの関連情報