アーメン

世界大百科事典 第2版の解説

アーメン【amen】

ヘブライ語で〈まことに,確かに〉を意味し,結果責任を引き受ける姿勢や〈かくあれかし〉との願望を表明する語。契約,誓約,祈り,頌栄に用いられる。この旧約聖書ユダヤ教慣習をキリスト教も受容し,教会儀式,祈り,賛美歌,信条の結びなどに同意を示す意味で用いられ,新約聖書では〈アーメンたる者〉としてイエスを指すこともあった。典礼を重んずる教会で祈禱文の歌唱・朗唱後に用いられる。ミサ曲ではグロリアクレドの後に〈アーメン〉が置かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アーメン【amen】

( 感 )
〔ヘブライ語で、まことに、たしかに、の意〕
キリスト教徒が祈禱きとう・賛美歌・信条告白の終わりに唱える言葉。アメン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーメン
あーめん
'mnヘブライ語

ユダヤ教とキリスト教における重要な礼拝用語。誓い、祝福、呪(のろ)い、祈り、賛美などに対して同意を表すために、個人または会衆がこれを唱える。元来、「そのとおりです」と「そうなりますように」との二重の意味を含んでいた。『旧約聖書』『新約聖書』に現れるこのことばは、日本語訳では、そのまま音写される場合が多いが、「言っておく」などの動詞に続く形で、「よく」と訳される場合もある。[土屋 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アーメン

[1] 〘感動〙 (āmēn 「まことに」「たしかに」の意。のちに「かくあれ」「そうでありますように」の意) キリスト教徒が祈祷、讚美歌などの終わりに唱えることば。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)一一「わがためにわれらが御あるじでうすをたのみ玉へ。あめん」
[2] 〘名〙 ((一)から転じて) キリスト教やキリスト教徒をひやかしたり、さげすんだりしていう語。
※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「熱心なアーメンの仲間で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーメンの関連情報